« あまり誰も指摘しないけれど(1) | Main | アンチ・バベルの塔の建設法(続1) »

リンカーンの演説は誤訳!?(1)

いつの頃からか、「人民の、人民による、人民のための政治」というのは誤訳で、「人民が、人民のために、人民を統治すること」、あるいは、「人民による、人民のための、人民統治」が正しいのだ、つまり government of the people の of は目的格で the people は govern の目的語になるという説がまことしやかに喧伝されています。

一部の英和辞典までこの新説に同調した記述をしています。

はたして新説は正しいのでしょうか?

わたしはとんでもない珍説だと思います。「人民の、人民による、人民のための政治」こそ、正しい訳なのです。

Google で検索しても government of the people を「人民を統治すること」と解釈したネイティヴの文例は皆無です。

アメリカ人のマーク・ピーターセンがこのことに関して言及し、「リンカーンも驚くに違いない、突拍子もない文法的解釈...」と述べています。

以下は、マーク・ピーターセン著 『ニホン語話せますか?(新潮社)』からの抜粋(37~39ページ)です。和訳ではなく著者が日本語で書いたものです。参考にどうぞ。(改行は私が勝手に行いました)。

“私は、『日本語練習帳』などのような「日本語本」を、一人の日本語学習者として努めて読むようにしている。

その学習が身に付いたかどうかはともかくとして、日本人が日本語をどのように見ているのかも私にとって興味深い問題なので、「日本語本」を読むことは苦にならない。

ただ、一つだけ気になることがある。著者の多くが、日本語の話を進めながら、英語との比較をしたくなる気持ちになりがちなこと、

そしてそこに出てくる英語に関する情報が、妙に英語のリアリティーからズレているケースがきわめて多い、ということである。...

「英語との比較」の話ではないが、最近『丸谷才一の日本語相談』(朝日新聞社)にも驚かされた部分があった。

きっかけは、こんな「問い」である。

「リンカーンの有名な言葉、『人民の、人民による、人民のための政治』ですが、『人民による、人民のための政治』だけで意味が尽くされていると思います。『人民の』には、どういう意味があるのですか。助詞『の』について詳しく説明してください」。

この場合の「の」の曖昧さが指摘されて、鋭い質問だと思ったのですが、その答えに、こんなことが書かれていた。

「government of the people, by the people, for the peopleは、『人民を、人民によって、人民のために統治すること』の意である」。

つまり、government of the peopleのofは、「所属」...や「所有」...等々を示すようなofではなく、「目的格関係」...を示すofだと説明しているわけである。

英語圏で141年以上も続いてきた常識的受け止め方が引っ繰り返される、リンカーンも驚くに違いない、突拍子もない文法的解釈だが、 実は、そこでやっと著者がいちばん指摘したかったと思われるポイントが浮上するのだ。

つまり、現在の日本語では当たり前となっている「歴史の研究(=歴史を研究すること)」などのような表現に見られる「目的格」を示す「の」は、「どうも昔はなかったらしい」、英語のofの影響でそれが生じたのではないか、というポイントである。

リンカーンの言葉について簡単に言えば、government (which is) of the people (and is) by the people (and is) for the people (ちなみに、中国ではこれを「民有、民治、民享的政府」と訳されているようだが)のof the peopleは、いわば、「人民の合意の上で出来た」や、「人民の間から生まれた」などのような意味を表している。

リンカーンはこの言葉で「government=政治」を説明しているわけで、 governmentに統治されるのはthe birdsでもthe flowersでもなくthe peopleだよ、とわざわざ述べる必要も意図も、言うまでもなく、ない。”

リンカーンの言葉に関するマーク・ピーターセンの見解は、「(教養のあるネイティヴの)常識」で、私もまったく違和感がありません。

これから、歴史的な事情、文法上の見解なども含めて、「新説の奇妙さ」を詳述する予定です。みなさんのご意見も聞かせてください。

Thank you.

|

« あまり誰も指摘しないけれど(1) | Main | アンチ・バベルの塔の建設法(続1) »

Comments

英語学習に励んでいる者で、サイトを面白く拝読しております。
さて、このof の解釈について、10年以上悩んでおりました。
私事ながら、法律系の人間で、人民による政治、人民のための政治は判るのですが、"of"とは何か?が憲法、行政法的にはよく分からないという非英語的疑問を持ったからです。
人民が所有する政治(政府)というのも奇妙な気がします。英米法はそうなのかな?

なお、ofの新説は、小林よしのり(右的主張を行う漫画家)が作中で取り上げており、そんなものかなあとおもっていましたが、丸谷才一氏が主張されたのですか。
たしかに、人民を統治する政府なんて、当たり前のことなので変です。

>「人民の合意の上で出来た」や、「人民の間から生まれた」などのような意味を表している。

なるほど。ofにはそう言う意味もあるのですね。

Posted by: T.M. | December 13, 2009 at 01:31 PM

T.M.さんへ。

リンカーンのゲティスバーグ演説に関するコメントは珍しいです。ありがとうございました。

T.M.さんも"of"の解釈に疑問をもっておられるようですが、私は、リンカーンの演説の趣旨は、(日本語では)日本国憲法前文の「国政は…その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」という文言に端的に表現されていると思っています。

その理由については、このブログで私なりに十分述べたつもりです。

Thank you.

Posted by: k.y. | December 16, 2009 at 09:59 AM

私の見聞したところでは、government of the peopleの中のof the peopleを目的格のように理解するアメリカ人は極めて少数です。私は広い意味で所有格のように理解することに組します。だからといって、私は通説的な理解にも、ピーターセンの理解にも組しません。拙著「”Government of the people, by the people, for the people,”とは何か?」(2013.11.19.近代文芸社刊、全780頁)をご参照頂ければ幸いです。

Posted by: 小林宏 | November 14, 2014 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/1207713

Listed below are links to weblogs that reference リンカーンの演説は誤訳!?(1):

» 【メモ】ゲディスバーグ演説「人民の」問題まとめ [keisukeの徒然草]
リンカーンのゲディスバーグ演説での有名なフレーズ「人民の、人民による、人民のための政治」は果たして誤訳か???議論は錯綜しており、インターネット上でも双方の見解... [Read More]

Tracked on November 20, 2004 at 03:42 PM

« あまり誰も指摘しないけれど(1) | Main | アンチ・バベルの塔の建設法(続1) »