« こわい文法知識の欠落 | Main | 辞書暗記の根拠と段階 »

記憶媒体としての情報カード

暗記媒体としては情報カードが最善だと思います。「アンチ・バベルの塔の建設法」で私が書いたカードをぜひ試してください。

安価なカードですし、まず試されるよう強くお勧めします。使ってみなければ便利さが実感できないと思いますが、たいへんな優れものです。また、使っているうちに、独自の自分にあったカードの利用法も案出できるでしょう。

情報カードの他にない利点は、「物理的な区切り」を明確にできることです。本のように綴じた形式では不可能なことです。

暗記法などはありません。真っ向から覚える「正攻法」です。ただし、自分なりにどんな方法でも試してみたら楽しいですね。また、コーヒーの染みがついた単語なども記憶しやすくなります。

私は、夢の中でしゃべる言葉の半分が英語で、語彙カードもよく夢の中に登場します。語彙の列が、覚えている順番に、映画のフィルムのように、ゆるやかに回転するのです。つまり、私の脳は夢の中でも復習をしているわけです。最初はびっくりしましたが今は楽しみになりました。

私は、音声ツールはほとんど使いません。発音記号を見れば完璧に発音できるからです。

発音記号をマスターされていないなら(=すべてのスペルを発音記号で表記できないのであれば)音声ツールを併用して発音記号を徹底的にマスターしましょう。発音に関しては「英語耳(松澤喜好 著)ASCII刊」が好著です。

カードはパンチで穴を開け、リングで50~100枚単位でまとめて持ち歩くといいです。復習などの区切りは色の「ふせん」を張っておくと便利です。

最初は50枚ほど貯まるまで毎日復習しましょう。完璧に覚えたら、10日間ほど復習の間隔を置いても大丈夫です。最終的に1ヶ月程度の間隔までもっていければいいでしょうが、私もまだそこまで踏み切れません。

どうしてもやる気のしないときや時間のないときは「復習だけ」にしましょう。復習さえしておけば、たとえ6ヶ月や1年の間新規の記憶が途切れても、復習している分だけは確実に脳内に蓄積されていますから、また再開できます。時間は貴重ですぞ!

記憶の定着していない語彙を1週間以上放置するとちょっとやばいですよ。

Have fun!

|

« こわい文法知識の欠落 | Main | 辞書暗記の根拠と段階 »

Comments

ky 様
こんばんは おひさしぶりです。
だいぶ寒くなってきましたね。机に向かっていると足が寒いのでとうとう先日より足温器を使用しています。

最近の私の「辞書暗記」の進み具合なのですが、A,Bと最初はとても丁寧すぎるくらい丁寧に読んでしっかり記憶に定着させようと意識して進めていたのですが、途中で時間がかかり過ぎることに気づき、とりあえず1回目は軽く通読していこうと思いなおしました。少し気が楽になりました。
まだまだ先は長いですからね。^^; 2万語、2万語♪

それで単語カードもよほど出会ったことのない語以外は、今作るのを止めています。まずはとにかく最後のページまでたどりつきたいからです。年内中に1回終了させるのが目標です。

ところで、私の悪い癖は勉強しているといつも自分の勉強方法を修正したり、他の辞書、参考書に手をつけたくなることです。
とくに辞書は、「ワードパワー英英和」で再スタートしたばかりだいうのに、また新たな辞書に心惹かれてます。(笑)

その辞書というのは「ロングマン ワードワイズ英英辞典」です。
1万数千語の見だしです。
ここに記載されている例文をすべて使いこなせるようになったら、どんなにすばらしいでしょう。でもまだ購入はしていません。また新しい辞書に目移りしている・・・と師匠は呆れてしまいますか?
もしこの辞書について何かご感想をお持ちでしたら教えてください。

話しが少しそれますが私には日本在住7年目、ほぼ完璧な日常会話の日本語を話すインド人の友人がいます。彼は仕事でも日本語で日本人対応をしていますがその彼曰く、日本人との英語でのやり取りは「普通のスモールトークしている最中に突然、ビックワードを出す。間違いじゃないけど面白い・・・」と言ってよくエピソードを聞かせてくれます。(もちろん彼は日本語でそのニュアンスを私に伝えてくれるのです、すごいでしょ???)
私はそういうことって単に語彙を知っているけれども、その場での使い方が適切でない場合に相手にそう感じさせてしまうのだと思い、そいう話しを聞くとますます、まずは最低限として初級用の辞書に出てくる語を適切に使いこなせるようになりたいと思うんです。
でもまだそのインド人の話しはおもしろいです。彼はJapan Timesの誌面で日本語の記事を書いている先生に日本語を教わり、3年目にして日本語検定試験の最上級試験に受かったそうです。
だから読み、書きもそれなりに出来るのでしょうが、NHKの日本語ニュースはほとんど聞き取れないそうです。まだ日本のドラマの方がわかりやすいんですって。どうして??? 私は反対に、CNNなどのニュース放送の方が発音もクリアーだし映画や海外のドラマなんかよりずっと聞き取りやすいのに。といってもCNNもすべて理解できる訳ではありませんが・・・。これは単に彼が日本在住歴が長いため、日常会話やはやり言葉を知っているためだからなのかしら?
でも日本語のニュースは本当に外国人には難しいようですね。

英語でe-mailやり取りしていても、「何であなたはメール書くときこんな変な言いまわしするの???」って言われます。(もちろん、嫌味も日本語です。(^。^;) )

とにかく、当面は辞書の例文をしっかり頭に入れるというインプット作業に専念します。きちんと語彙を使いこなせるようになりたいからです。
辞書って本当に奥が深くて面白いです。

勝手なことばかり脈略なく書きこんでしまいました。
またお時間があるときで構いませんのでいろいろアドバイス頂けますと大変ありがたいです。

それでは また

Posted by: dita | October 30, 2004 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/1551284

Listed below are links to weblogs that reference 記憶媒体としての情報カード:

« こわい文法知識の欠落 | Main | 辞書暗記の根拠と段階 »