« 記憶媒体としての情報カード | Main | コメントにお答えする(2) »

辞書暗記の根拠と段階

ほとんどの人は、語彙増強に市販の単語帳を使っています。

市販されている単語帳を実際に作成している人々の大半は、実は、
英検準1級前後の実力の人たちです。但し商才があったり、いろんな面
で出版社(系)の強力なバックアップのある人たちです。

そんな単語帳の種本はすべて各種の辞書です。+ネイティヴのイン
フォーマントその他です。

そうしたものすべてを備え、しかも間違いや誤植も極めてすくなく
て信頼でき、最高の水準を誇るのが学習用「英和辞典」や「英英辞
典」です。

大半の人がせいぜい15000語前後の語彙力でストップしたま
ま、一生を過ごします。1部の人たちは、永遠に市販の単語帳に頼
ったり、米国の週刊誌及びペーパーバックを読みながら(実は英文
解釈しながら、または無理な速読のまねごとをして)語彙をピック
アップし覚えていきます。

すると、日本の英字新聞程度は読めるようになります。しかし、欧
米の出版物はいつまでたっても「英語の勉強の手段」にとどまりま
す。5年経っても10年たっても同じです。

ハーヴァードのMBAがすらすら読んだり書いたりできないのも語
彙不足です。

そんな問題を一挙に解決するのが「辞書(できれば英英辞典)」の
暗記です。

まさに breakthrough です。

まず①5000語程度の辞書、次に②1万語程度の辞書、さらに③
3万語程度の辞書、その水準に達したら④「英英和辞書(たとえば
ワードパワー英英和辞典(Z会)」、最後に⑤6万語前後の「英英
辞典」、さらに磨きをかけるなら⑥15万語前後の英英辞典。

③くらいから、できれば、英英辞典を主にしたいものです。

⑤の水準になれば、日本でなぜか人気のある「TIME」でも、知ら
ない単語を探す程度になります。

辞書には、これまた人気のある語源の情報も豊富で、CD-ROM
も利用すれば「ジャンル別語彙の収集・チェック」その他も実に簡
単です。

「すばらしい進化を遂げている辞書」に、もっと注目すべきだと思
います。

|

« 記憶媒体としての情報カード | Main | コメントにお答えする(2) »

Comments

ky様
こんにちは 英検BBSでアドバイスをいただきましたditaです。
あちらの掲示板にも書きましたが、kyさんの提唱する「辞書暗記」という方法にとても共感しました。というのは、私も単語帳とかの用例だけでは気が済まず必ず辞書でその語全部の用例を調べるという辞書信頼派だからです。それに調べた語にマーカーで印をつけたり、余白に書きこみなどしながら、ネチネチと辞書使うのが好きです。(笑)
といっても、受験英語を最後にだいぶ日にちもたち、今年の1月から再度始めたばかりなので、私の現時点でのボキャブはとても少ないと思います。

でも私はkyさんのいう辞書暗記の理想の条件①時間確保が最低1年は可能であることと②の根気の方も少しだけ自信があります。

当面の目標はとりあえず英検1級取得ですので、とりあえず2万語暗記を目指します。私は、kyさんの言うように、基本語は正しい用法をマスターし、発信語彙として使いこなせるようにし、それと同時に、できるだけたくさんの語彙を増やしたいと思っています。
これからもいろいろ教えていただきたく思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

ところで早速相談したことが出てきてしまいました。
先日本屋でものすごく悩んだあげく結局はkyさんお勧めの「ニュービクトリー」ではなく「スーパーアンカー」の方を購入してしまいましたが、今正直に言って少し後悔し始めているんです。
「スーパーアンカー」は確かに評判通り、読み物としてはおもしろいです。
私は、暗記用、参照用と何冊か使いこなすより1冊で済ませたいという理由から少しでも語彙数の多い方にしたのですが、でもよくよく考えてみたら、リーディングの際に出会う未知の語は「スーパーアンカー」では中途半端。例文が載ってない語もあり不安が残るため、結局電子辞書の「ジーニアス」やPCに入れてある「ランダムハウス大辞典」で調べることになりそうだ、ということに気づいたからです。
(ちなみに、これの前に使っていたのは紙辞書の「ジーニアス」です。電子辞書だと私はどうも記憶が定着しないみたいでまだ今のとこ使用頻度は低いです)
でも結局2度引きするのであれば、難しい語はCDの「ランダムハウス」や電子辞書「ジーニアス」にすると覚悟を決めて、やはり暗記用は暗記用として、基本語の用法が詳しく記載されている「ニュービクトリー」か「ワードパワー英英和」にすればよかったかもしれない・・・です。
どうしよかな~。もう一度買いなおししようかな?と思い始めてます。
kyさん、「ワードパワー英英和」は収録語数は3万語でしたっけ?
「ワードパワー英英和辞書」は私のレベルで暗記用に合うと思いますか?
「ワードパワー英英和」を使ってみたい、という気持ちに今すごくなってて、何だか居てもたってもいられず今すぐにでも本屋さんに行きたい衝動をおさえて、今こうして書いてます。

それから、単語カード作りについても少し行き詰ってしまってます。こちらの方も出来たらkyさんの助言をいただきたいけれど、kyさんもお忙しいでしょうから、こちらはまた日をおいて質問させてください。(というか正直言うと、まだ質問内容がまとまらないのです・・・爆)

でも、辞書暗記に本気になると辞書選びって難しいものだな~と実感してます。

Posted by: dita | October 08, 2004 at 01:11 PM

英検BBSからこちらに飛んできましたSNです。興味深い勉強法です。単語帳暗記や辞書暗記って、効きそうでなかなか続かない勉強法ですが、すごいですね。最近自分では英語に関しては停滞気味だったので、活が入った感じです。カードの利用仕方をもう少し詳しく教えていただければ幸いです。というのも、以前同じようにカードで単語や表現を覚えようとして挫折したことがあるからです。確かに根気が一番のポイントかもしれません。

Posted by: SN | October 29, 2004 at 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/1609158

Listed below are links to weblogs that reference 辞書暗記の根拠と段階:

« 記憶媒体としての情報カード | Main | コメントにお答えする(2) »