« 中学1年生の少女英検1級合格 | Main | 「日常母語獲得能力」と「特異な言語能力」 »

コメントにお答えする(11)

ニヒリストさん、こんにちは。

さっそくですが、私は今57歳ですから世代は同じですね。そうですか、ニヒリストさんもアルクのカウンセラーをなさっていた。この業界はけっこう狭いです。私がいた英会話学校の元職員がアルクにいたり、英会話やTOEICの参考書を書いたりしている人もちらほらいます。

私が英検1級に合格したのが41歳の時で、英検2次の面接の話題にしたのが「五万語の語彙」でした。当時は3万語前後の英和辞典を2冊暗記した頃でした。「アンチ・バブルの塔」方式はまだ思いついていませんでしたから実際の語彙力は1.5万語程度だったでしょう。5万語がネイティヴの常識レヴェルであることを明確に意識はしていました。5万語という数字は読書をする内に何となく自分で知るようになった数字です。

その後は、覚えても忘れてしまうので辞書暗記がいやになり、数年間は他の皆さんと同じようなことを続けながら何とか2万語前後の語彙力を維持していたと思います。読書はかなりしていました。

カード方式を本格的に模索しだしたのは51歳の頃からです。何度もいろいろな方法で試行錯誤し、辞書も数冊途中で挫折しながら、それでもチラチラと点滅しては消える光明を見出しながら、続けていましたから、語彙も徐々に増えていました。カードを作っては失敗し、しかし、やっぱりカードで何とかなりそうだという出口はうっすらと見えていました。

ただ、「5万語の壁」は頑として行く手を阻んでいました。この壁を突破できた人はほとんどいないし、語彙増強の本などを書いている人もそのご本人の語彙力はかなり寒いものであることも十分予想はついていました。みなさん、1万語からせいぜい2万語なのです。語源で売れ筋の本など開いてみても知っている単語ばかりでした。そんな状況は今も変わっていません。

転機が訪れたのは55歳の時でした。「アンチ・バベルの塔」の建築法を確立した時期です。数知れない試行錯誤の末にカードの利便性をフルに活かせる方法を見つけたわけです。具体的な方法は既に書いたとおりです。それまでにあらゆる方法を試みた末の到達点でした。あんな風に説明すると「アー、あのカードの単語帳か。ありゃ、ダメだ!」と簡単に思われてしまうのですが、私にとっては全くの新手法です。言葉では説明できないのが非常に残念です!!

翻訳の仕事のない時は、1日6時間ほどひたすらカード作りをし、1.5年で5万語を達成しました! あと1~2年(多少余裕を計算して)で最後の目標である17万語に到達できます。

長崎さんに出会ったころは、何年前なのか失念しましたが、語彙力が2万語前後のときでした。21万語暗記のことを何かで知ったのは英検1級に合格する2~3年前だったと思います。

ニヒリストさんがおっしゃるようにものすごく時間のかかる作業であることは確かですが、私にはこの方法しかもう思いつきません。ネイティヴが20年かけて積み上げる語彙力を数年で何とか身につけようとするわけですから大変な作業です。

以上、少しでも参考にしていただければ幸いです。

|

« 中学1年生の少女英検1級合格 | Main | 「日常母語獲得能力」と「特異な言語能力」 »

Comments

イヤー恐れ入りました。
51歳ぐらいから5万語の語彙力を目指して
試行錯誤なされ、55歳のときに現在の方法を
見出された、と聞き
現在54歳の私は、赤面しております。
私も語彙力増強のため色々やってみましたが、
どれをやっても3日と続かず
これまで買った単語集、語彙力増強本、
みんなつん読状態になっています。
英検1級に受かったときも皆がパス単必須
のようなことを言うので、買ってみましたが
品詞別にはなっていても
アルファベット順では頭が受け付けてくれず
2,3ページぱらぱらとやっただけで止めました。
でもk.y.さんが51歳ごろから一念発起され
色々と試行錯誤を重ねたという話を聞き
もう歳だからなんて言い分けは通用しないと
思いました。
私は、技術屋で現在英語で飯を食っているわけ
ではないのですが、
比較的楽な仕事についているので
これからはk.y.さんに追いつくために
頑張りたいと思います。
ただ、辞書の丸暗記をするかどうかは
まだしばらく考えます。

Posted by: ニヒリスト | December 17, 2004 at 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/2295349

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(11):

« 中学1年生の少女英検1級合格 | Main | 「日常母語獲得能力」と「特異な言語能力」 »