« 辞書暗記法「アンチ・バベルの塔」の応用 | Main | 中学1年生の少女英検1級合格 »

長崎玄弥さんの思い出

私は、自分の語彙力がまだ1万語もなかったころに長崎さんの語彙
力を知って唖然としました。なんと21万語を暗記しているというのです。1年間に1万語ずつ暗記したそうです。

「そんなことが可能なのか!?」

当時は神業のように感じました。半信半疑でしたね。

ところが、今私は17万語に挑戦している。5万語の壁は頑強でな
かなか突破できなったけれども17万語は、既習の5万語を種にし
ている部分が多くて、さほどの壁だとは思わない。時間があれば十
分達成可能な語彙数である。成せば成るものである。

さて、5万語の世界と1万語の世界ではまったく違う。5万語(ネ
イティヴの常識レヴェル)の視力を1とすれば、1万語の視力は
0.1である。0.1でもそれに慣れてしまえば別に不自由を感じ
ないかもしれない。必要な時に辞書で矯正すればOKなレヴェルか
もしれない。

ところが、5万語を頭に格納して見る世界と辞書で矯正しながら見
る世界とは違うのです。単に、語彙数だけの問題ではなくて英語の
世界がトータルに変わるのです。実感しないと分からないのです
が、ぼやけていた景色 ― 慣れっこになるとそのまま脳が了解して
しまうので別に不自由は感じないかも知れないけれども ― が一変
して鮮明な世界に変わるのです。

また、「語彙が増やせるということ」は、英語力が増したことの証
であり、視界がそれだけ広くなっていることの証なのです。英語力
が同じなのに語彙だけがやみくもに増えることはありえないので
す。

さらにそのベースには日本語の語彙力があります。日本語の語彙が
0.5しかないのに英語の語彙が1.0になることは絶対ありませ
ん。日本語の力が英語の力を牽引していくわけです。それなりに英
語力がある人は、日本語が充実してくればするほど、自分の英語の
語彙の不足を痛感するようになるはずです。そのギャップを埋めた
いと思うのが自然でしょう。語彙(=言語力)への渇望です。

数年前に、アルクの学習カウンセラーをしていた時に、長崎さんに
お会いできてちょこっと話をしたことがあります。ずば抜けた英語
を駆使する方でしたが、今はもう故人ですから、いい思い出になっ
ています。

17万語を達成した後の目標は、4万語前後をアクティヴ・ボキャ
ブラリーにすることです。

もうひとつ、ゆっくりとラテン語の勉強もする予定です。漢字の世
界も深めたい!

10~30代の人たち、時間を大切にしてください。すばらしい世
界を押し開けることができますよ。 いや、年齢はあまり関係ない
かもしれない!

|

« 辞書暗記法「アンチ・バベルの塔」の応用 | Main | 中学1年生の少女英検1級合格 »

Comments

私は、このHPに慣れていなくて
中学1年少女の英検1級合格のところに
コメントを書いてしまいました。

私もk.y.さんと同じくかつてアルクの学習
カウンセラーをしていたことがあります。
このカウンセラー向けに催された長崎先生の
公演も聴きました。
そのとき印象に残ったのは、
長崎先生が
洋画は1950年代までのものなら自分でも
字幕なしに理解できるのだが、
1960年代以降のものは、リアリズムが
主流になって普通の英語のネイティブ同士の
会話と同じ速度で映画のせりふを言うようになり
自分でも1960年代以降のアメリカ映画は
聞き取れない、とおっしゃっていたことです。
私も今の現代洋画の英語が聞き取れない
のはどうしたものか、と思っていたのですが
長崎先生でも聞き取れないのなら、
仕方がない、と変な形で納得したものでした。
閑話休題
それで、長崎先生に出会ってその語彙力に
驚きk.y.さんが語彙力1万語ぐらいから
発奮されて現在の語彙力を持つように
なるよう決心されたのは何歳ぐらいの時か
お尋ねしたいのです。
私とk.y.さんは、同じ50代だと思うのですが
もしk.y.さんが40代半ば過ぎから決心して
現在の語彙力を持つようになられたとすれば
これはすごいことです。
私なんかは、もう歳だからという理由で
更なる英語力向上はとっくにあきらめていて
現在の英検1級レベルの英語力を保つのに
苦労しているしだいです。
暗記力というのは普通19歳のときが最高の
レベルにあって、後は落ちていくばかり、と聞いています。
是非、k.y.さんが40代半ば過ぎから
5万語を習得されたのかお尋ねしたいです。

Posted by: ニヒリスト | December 17, 2004 at 02:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/2285834

Listed below are links to weblogs that reference 長崎玄弥さんの思い出:

« 辞書暗記法「アンチ・バベルの塔」の応用 | Main | 中学1年生の少女英検1級合格 »