« 絶対必要な英単語6000語(50/365) | Main | リンカーンの演説(12) »

絶対必要な英単語6000語(51/365)

どこから始めてもかませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

894 cheese

895 chemical

896 chemistry

897 cherish

898 cherry

899 chest

900 chew

901 chicken

902 chief

903 child

904 childhood

905 children

906 chili

907 chill

908 chimney

909 chin

910 china

911 chip

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です

みなさん、復習を定期的に入れましょう。アンチ・バベルの塔の特徴は①自分の辞書を手作りすること、②復習をビルト・インすること、③ その復習に最適の手段であるカード方式を採用していること、です。

あなたは、復習を定期的にしていますか? 忘れると意欲をなくしますから、前進できなくても復習だけはやりましょう!!

○ ことばの習得に関していえば、コンスタントな勉強と復習をしないと、5年や10年はあっというまにすぎさり何の収穫もありません。

しかし、ちゃんと勉強していても、5年や10年はあっというまにすぎさるのですよ!

なのに、その成果はすごいことになる。

もう廃刊になってしまいましたが、以前「時事英語研究」という月刊雑誌がありました。私が若かった頃は唯一の実用英語雑誌であった時期もあります。テープも付いたたいへん優れた雑誌でした。

私の部屋には「時事英語研究」のバックナンバーが完全な形で360冊(30年間)以上そろっています。

その「時事英語研究」には和訳や英訳の課題が毎月提示されてコンクールが行われていました。

その最優秀・優秀の賞に輝いた人たちは圧倒的に年配で、それこそ10年20年30年40年と自分の英語に磨きをかけてきた人たちでした。

私が最初にお宅を訪ねて話をした英語ネイティヴはスコットさんというニュージーランドの方でしたが、その人を見つけたのは「時事英語研究」の英/和訳コーナーでした。なつかしい、思い出です。

|

« 絶対必要な英単語6000語(50/365) | Main | リンカーンの演説(12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3044348

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(51/365):

« 絶対必要な英単語6000語(50/365) | Main | リンカーンの演説(12) »