« 市橋敬三氏の辞書に対する怨念(おんねん)! | Main | なぜ、ボキャビルをするのか?(続) »

リンカーンの演説(3)

government of the people, by the people, for the people

このリンカーンの言葉 ― リンカーが創作したものではなくもっと古くからある言葉ですが ― の意味を取り違えている原因は2つあると思います。

それは、① 構文と ② 歴史的な背景 の誤解です。

まず、① 構文から検討します。

予備校講師・薬袋善郎氏は、自著『学校で教えてくれない英文法』(研究社)で次のように主張します。

『「government」 は、述語動詞 govern を名詞形に変えることによって名詞化したものであり、その意味は「政府」ではなく 「govern すること=支配すること」の意味である。

つまり、リンカーンの言葉は述語動詞 govern を名詞形に変えることによって文を名詞化した「名詞構文」であり、「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターンで、of ~が「意味上の目的語」を示し、by ~が「意味上の主語」を示す。

だからリンカーンの言葉の本当の意味は「人民を、人民が、人民のために統治すること」である』

ところが、「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターンが使われるとき、of ~が「意味上の目的語」を示し、by ~が「意味上の主語」を示すことはなく、of ~が「意味上の主語」を示し、by ~が「手段など」を示すというのが実態です。

薬袋善郎氏(だけではなくリンカーンの言葉を誤解するひとたち)は、その実態を無視して、この構文のパターンが表す意味を誤解してしまったわけです。

次の記事を読んでください( http://www.tribuneindia.com/2003/20030326/mailbag.htm より)。太字はk.y.

(引用開始)Lincoln & Bush

Mr Hari Jaisingh has rightly averred that a war against the “evil forces” is sometimes necessary, otherwise arrogant Kauravas, power drunk Adolf Hitlers and oppressive anti-people rulers have gone down in history as killers of humanity and civilisation.

The USA produced Abrahim Lincoln who defined democracy as a government of the people, by the people and for the people. But now President Bush redefines American democracy as the government of Bush, by Bush and for Bush. His obsession to capture Osama bin Laden, alive or dead, and now his deadly aim to eliminate President Saddam Hussein at any cost has threatened world peace.
(引用終止)

薬袋善郎氏の説をあてはめて訳すと、the government of Bush, by Bush and for Bush の意味は「ブッシュを、ブッシュが、ブッシュのために統治すること」になります。

これは明らかにばかげています。

みなさんは、どう思いますか? コメントしてください。

|

« 市橋敬三氏の辞書に対する怨念(おんねん)! | Main | なぜ、ボキャビルをするのか?(続) »

Comments

辞書の暗記にはまだ取り組んでいませんが、毎日このページを読んで刺激を受けています。
リンカーンの言葉は私も同じように考えていましたが、「翻訳通信」
(homepage3.nifty.com/hon-yaku/tsushin/)
の掲示板で以下の文章が引用されているのを読んでから、どちらが正しいか判らなくなりました。

(www.mrlincolnandthefounders.org/inside.asp?ID=6&subjectID=4)

Lincoln scholar Philip B. Kunhardt, Jr.: The Declaration's 'all men are created equal' had been used before by Lincoln in his Henry Clay eulogy. And the use, in various forms, of the three prepositions -- of the people, by the people, for the people -- has been attributed to at least twelve men, including Patrick Henry and Daniel Webster. Probably the most likely source was Theodore Parker, the abolitionist minister from Massachusetts whose lectures and sermons had been printed and were called to Lincoln's attention by his law partner William Herndon. 'Democracy is self-government,' Parker has said, 'over all the people, for all the people, by all the people.'"

Posted by: 英語と格闘 | February 17, 2005 at 11:41 PM

Democracy is self-government over all the people, for all the people, by all the people.

統治を行うのは人民(by)であり、その統治は人民のため(for)に行われ、その統治対象(over)は人民である。

我々はこれを『自治』と呼ぶのではないでしょうか?

そして、その自治は誰のものでもない、人民の(of『所有』)人民による(by『動作主』)人民のための(for『目的』)ものである。これが民主主義の精神である、と。

また、政治とは国を統治することであり、国とは人民なのではないでしょうか?独裁的な王が民をgovernすればそれは「支配」です。でも人民が「自らの手で」自らを「自らのために」支配すれば、それは「自治」であり、民主主義なのではないでしょうか?

なんか、なが~いクセに論点が絞れていませんが、支配の対象は敢えて言うまでも無い事柄だと思うんです。だっていつも支配されるのは人民でしょ?それより「誰のもの?」「誰のため?」「誰が?」が断然重要だと思います。

字だけを見れば確かに「目的のof」かもしれなし、事実、統治の対象は人民。でもその奥に隠れている真意は「所有のof」であるのだから、「人民の、人民による、人民のための政治」ほど素晴らしい日本語訳は無いと思いますし、演説を聴いていた聴衆の脳裏「ofの目的の側面」など過りもしなかったと思います。

あと、k.y.さんの解釈だと以下の文意が取れなくなります。

>ところが、「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターンが使われるとき、of ~が「意味上の目的語」を示し、by ~が「意味上の主語」を示すことはなく、of ~が「意味上の主語」を示し、by ~が「手段など」を示すというのが実態です。

Every goverment of one nationality by another is of nature of salvery.

また、『of ~が「意味上の主語」を示し、by ~が「手段など」』を表すと目的語がなくなってしまいます。これだと「名詞構文は他動詞」というk.y.さんの指摘と矛盾する事にならないでしょうか?

薬袋論は『カンマを無視して「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターン』に辿り着いてしまった事自体が誤りであり、他動詞か否かも問題ではありません。「カンマを無視」した事が大問題です。と、僕は思います。この3つの前置詞句は並列。よって、
The government of the people
The government by the people
The government for the people
(上記の「the」はgovermentへ係ると言うよりは前置詞句を示唆した後方照応的theなので、意味は「政府」にならない。)
の3つを合成した1文なのではないでしょうか?(翻訳通信で引用された同格説も「逃げ」だと思います。だって前置詞句は形容詞句か副詞句を作るのだから…。意味上同格であることと、構文上同格である事には雲泥の差があります。)訳読法、日本語による英語の理解を批判する解釈派の薬袋先生が、その悪しきパターンには足をすくわれてしまったのでしょうか?

#薬袋先生…名詞構文ぐらい学校で習う…もしくは文法自体、学校では習わないのどちらかが真実だと思いますが…。あ、本人が学ばないと言う可能性も…。(笑

Posted by: Gilderoy | February 18, 2005 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/2969566

Listed below are links to weblogs that reference リンカーンの演説(3):

« 市橋敬三氏の辞書に対する怨念(おんねん)! | Main | なぜ、ボキャビルをするのか?(続) »