« アンチ・バベルの塔便り(God に再会!) | Main | リンカーンの演説(10) »

リンカーンの演説(9)

英語と格闘さんへ

いつもコメントをいただきありがとうございます。

Gilderoy さんの場合と同じで、私の主張について確認しておきたいことがあります。


> 『「動詞派生名詞 of A, by A」というパターン』において、その「動詞派生名詞」は「自動詞」になる』

という点ですが、以下の表現は該当しないのではないでしょうか。

harassment of employees by employees


私の確認: Gilderoy さんにも申し上げたのですが2つのAはまったく同一でなければなりません。

「harassment of ① employees by ② employees」

① の employees と ② の employees は同一の人たちではありません。異なる人たちです。

したがって、実質的にはこの表現は harassment of A, by A ではなく、明らかに harassment of A, by B のパターンであり harassment は他動詞派生名詞です。

また、harass という動詞は他動詞だけの意味しかないので、『「動詞(自動詞)派生名詞 of A, by A」』というパターンが成立する余地はありません。


> この問題は、(1)人民の政治、(2)人民統治、という2つの解釈に対し、(a)文法的に、(b)文脈的に、という2つの観点から検討すべきだと思います。(1)についてはアメリカ人の常識として(a)も(b)も成立すると思います。ですが、(2)についても両方とも成立する余地があるからこそ、いびつな解釈とは言え、この解釈が根強く残っているように思います。

私の確認: 事実として、英語圏の人はだれも(2)の解釈をしません。文法的にも、何度も説明しましたように、(2)の解釈を支える一貫した説明は不可能です。

そのことを前提に、『(2)についても両方とも成立する余地がある』という点について、具体的な「文法的根拠と文脈」を例文と共に示してください。

以上、よろしくお願いします。

追記:みなさんにお願い:

コメントくださる場合、英語の問題については、必ず文脈(できればサイトアドレス・少なくともターゲットのフレーズを含むパラグラフ・それが不可能な場合は必ず完結した文章の形)を備えたネイティヴの例文を添えてください。

まず、各主張の具体的な根拠が必要ですし、さらに、単なるフレーズだけでは、判断の基準にできなかったり、正しい翻訳が不可能になったり、添付された翻訳の正誤が不明になったりして、議論のソースにはなり得ないことがあるからです。

Thank you.

|

« アンチ・バベルの塔便り(God に再会!) | Main | リンカーンの演説(10) »

Comments

i)2つのAはまったく同一
--quote--
「harassment of ① employees by ② employees」
① の employees と ② の employees は同一の人たちではありません
--end--

趣旨は解りました。もうひとつ別の例を確認させてください。
J.S. Millの "On Liberty"
(users.rcn.com/dangr/Academic/Philosophy/Philosophers/mill/mill-on_liberty)
にある次の文では、each=himself で government は他動詞派生名詞だと思うのですが、読み違えているでしょうか。

The "people" who exercise the power, are not always the same people with those over whom it is exercised, and the "self-government" spoken of, is not the government of each by himself, but of each by all the rest.

ii)文法的根拠と文脈
--quote--
『(2)についても両方とも成立する余地がある』という点について、具体的な「文法的根拠と文脈」を例文と共に示してください
--end--

何をもって文法的というかが問題ですが、以前に引用されていた次の文章があることで、文法的には成立すると考えていました。
Every government of one nationality by another is of the nature of slavery.

「k.y.パターン」とされているものは、文脈的な観点だと思っています。
文脈的な観点では、これも以前引用した次の文が根拠です。
'Democracy is self-government,' Parker has said, 'over all the people, for all the people, by all the people.'

Posted by: 英語と格闘 | February 22, 2005 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3026578

Listed below are links to weblogs that reference リンカーンの演説(9):

« アンチ・バベルの塔便り(God に再会!) | Main | リンカーンの演説(10) »