« ウィンストン・チャーチルの英語勉強法 | Main | 絶対必要な英単語6000語(50/365) »

リンカーンの演説(11)

「英語と格闘」さんへ

真摯な関心を寄せていただきありがとうございます。

今回の私の回答も論争ではなく確認です。

まず、「k.y.パターン」とは「自動詞派生名詞 of A, by A」の名詞構文のことです。

そして、名詞構文とは、「動詞または形容詞が名詞化されて文に組み込まれた構文」のことです。

したがって、その名詞化される元の語は a ) 自動詞、b ) 他動詞、c ) 形容詞 の3種類です。


再度 「k.y.パターン」をみてください。これは a ) の自動詞から派生した名詞構文です。さらに、何度も言ってますが、ふたつの A は実質的にも形式的にもまったく同一でなければなりません。

ご指摘の「The "people" who exercise the power, are not always the same people with those over whom it is exercised, and the "self-government" spoken of, is not the government of each by himself, but of each by all the rest.」は、名詞構文の形が「k.y.パターン」とは異なることを確認ください。

この文章は、『権力を行使する「人民」は、権力を行使される人民と同一であるとは限らないし、件(クダン)の「自治」とは、各人を本人が統治することではなく、各人を他の全員が統治することである』という意味になります。

したがって、この名詞構文「not the government of each by himself, but of each by all the rest」は仰るように明らかに「他動詞派生名詞構文」です。

なるほど、each = himself です。しかし、明らかに文字が違います。実質的には同じですが形式的に異なっています

J.S.ミルは、文字を変える事によって、各文字が担う役割( each =客体 himself = 主体)を明確に区別しているわけです。


次に Every government of one nationality by another is of the nature of slavery.という文章は、「ある国家の別の国家による統治はすべて奴隷制の傾向を有する」という意味で、これも、明らかに「他動詞派生名詞 of A by B」というパターンであり、「k.y.パターン」ではありません。


さらに、'Democracy is self-government,' Parker has said, 'over all the people, for all the people, by all the people.'の場合を検討します。

① この self-government の元の語は 上記 C ) の形容詞 ( self-governed / self-governing ) です。
self-govern という動詞はありません。

self-government の元の語は他動詞ではなく形容詞です。

② また、この場合、over all the people の over は of に代替して all the people を 主語/ 所有者 / 由来 / 目的語 にする役割を持つものではなく、self-government over all the people は、「全人民にわたる ( or及ぶ ) 自治」、つまり、「自治は奴隷にも及ぶ=自治に奴隷も参加する」という意味を持たせる役割を持つ前置詞です。

Parker は abolishonist = 奴隷制廃止論者 だったからこの主張をしたのです。

① ② から、「'Democracy is self-government,' Parker has said, 'over all the people, for all the people, by all the people.'」も「k.y.パターン」とは別であることが分かります。

ちなみに、self-government of A のパターンになる場合は、 of A の A は 主語 / 所有者 / 由来 を示し、自動詞派生名詞の場合と同じになります。これは、形容詞派生名詞構文の特徴です。

下記は、over all the people と同じ意味の over the entire people を含む例文です(太字k.y.)。参考にしてください。

出所: http://www.nepalnews.com.np/contents/englishdaily/ktmpost/2002/apr/apr01/features1.htm

In our national case, we must have been full of hope and enthusiasm because the twentieth century gave us the valuable gift of democracy in the form of a multiparty system before it bade farewell. We enjoyed it immensely while restoring parliamentary democracy taking for granted that Abraham Lincoln’s famous phrase ‘government of the people, by the people, and for the people", would be realised in its true spirit. According to Lincoln’s definition of democracy, government of the people means the people’s government, or government over the entire people. None of the people are left out. Government by the people means the people are the governors. In their capacity as rulers they choose executives and representatives to make and enforce their laws. Government for the people means government that acts for the general welfare of all the people, not just some, and especially not just the rulers themselves. 

以上、ご確認ください。

Thank you.

|

« ウィンストン・チャーチルの英語勉強法 | Main | 絶対必要な英単語6000語(50/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3040754

Listed below are links to weblogs that reference リンカーンの演説(11):

« ウィンストン・チャーチルの英語勉強法 | Main | 絶対必要な英単語6000語(50/365) »