« リンカーンの演説(15:付録) | Main | 日本語習得体験記 »

絶対必要な英単語6000語(61/365)

どこから始めてもかませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

1076 comrade

1077 conceal

1078 concede

1079 conceit

1080 conceive

1081 concentrate

1082 concept

1083 concern

1084 concert

1085 concerted

1086 concession

1087 conclude

1088 conclusion

1089 concrete

1090 condemn

1091 condense

1092 condition

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です


「アンチ・バベルの塔」に秘儀はまったくありません。

淡々と作業をこなし、定期的にカードをめくって復習し、それを習慣化するだけです。

難しいことでも何でもありません。

「覚えられない」とか「覚えてもすぐ忘れる」とかいうのは、実は「覚えていない」とか「復習をしていない」というのと同じです。

秘策などありません。そんなことを考える暇があるのなら、カードをめくって復習する方がずっと効率的です!

ありとあらゆる方法を試した経験のある「アンチ・バベルの塔主」の実感です。

みなさんが考えているようなことはぜーーんぶ私が試したことですぞ!

しかし、「これは、どうだ!!」という方法があれば「ぜひぜひ」教えてください。

ただし、自分で実証済みのものにしてくださいよ。

口だけのアイデアなら山ほどあります。

|

« リンカーンの演説(15:付録) | Main | 日本語習得体験記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3181471

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(61/365):

« リンカーンの演説(15:付録) | Main | 日本語習得体験記 »