« 英語学習法(3) | Main | 英語学習法(4) »

コメントにお答えする(6/2005)

cosa さん、こんにちは。

いつも私の記事を読んでいただき感謝しています。

まだ寒いですが、家の庭にはもう2週間ほど前からウグイスがきていて、鳴き声もしっかりしてきました。

桜が満開になる頃には、私が昨年の9月にスタートした「英英辞典2冊目の旅」もほぼ半分の道程に達します。

皆さんといっしょに何かを達成しさらに次の目標に向かうことができればほんとうにうれしいことです。

その基盤に「時間の意識」があると思います。

> ちなみに私の現在の英語レヴェルはTOEIC840です。当面の目標レヴェルは英検1級またはTOEIC900。その次は見出し4万語の英和辞典暗記達成。その後を考える楽しみはまだとっておきたいなあと思います。

当面の目標は ― 油断は禁物ですが ― もう手が届きそうな段階にきていますね。

「英検1級またはTOEIC900」というのは、日本人にとって、大きな自信と節目(ふしめ)になるポイントでしょう。

英語で何かをする(仕事 / 生活の楽しみを広げる)上で、だいたいの基礎ができたといえるレヴェルだと思います。

そして、「見出し4万語の英和辞典暗記達成」はまさに「知の宝石」を手に入れるようなもの。

しかし、いろいろな意味で大プロジェクトです。

一気に1~2年ほどで達成できれば理想的ですが、5~10年でも、かまわないでしょう。

英英辞典も併用し多読も実行しながら5~10年かける方法も非常に優れた選択肢だと考えます。

「知の宝石」を獲得すればどうなるか?

たとえば、「タイム」や「エコノミスト」その他の雑誌が、1万語前後の語彙力だったころに比べてですが、「あらっ?!」と思うほど簡単に読めるようになります。

さらに、「この程度なら書けるぞ!」というような感じがしてきます。

> その後を考える楽しみはまだとっておきたいなあと思います。

私もです!

Thank you.

|

« 英語学習法(3) | Main | 英語学習法(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3219514

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(6/2005):

« 英語学習法(3) | Main | 英語学習法(4) »