« 絶対必要な英単語6000語(66/365) | Main | 英語学習法(7) »

英語学習法(6)

英語学習で「時間」を無視するとたいへんなことになる!

何が最もたいへんなことなのか?

自然な習得法という呪文」に見事にかかってしまうことです。

「なるほど、そうだよな!」と感激してしまうことです。

その結果、永遠に低いレヴェルで停滞することになります。

マルコムXの場合を思い起こしてください。辞書をそっくり書き写すという極端に不自然な方法でしたがその効果は極大でした

学習方法は、「時間」をしっかり意識して飛躍的に英語の力を高めるためには、必然的に不自然になります

今回は、「物理的・心的・時間」を見事に活用して所期の目的を達成した同時通訳者・枝廣淳子さんの実例を再度紹介します。

有名な方ですから皆さんもすでによくご承知かもしれませんが、そうでないかたは、とりあえず、
http://www.ewoman.co.jp/winwin/40ej/12.html  
http://www.es-inc.jp/lib/writing/f001.html
http://www.classdenet.ne.jp/intermail/communication_vol39_40.htm 
全部読んでください。

勉強の話だけではありませんが、読めば元気が湧くはずです。

学習法のハイライトは『まず最高度の目標を定め、2年間で7000時間勉強し、1万語の語彙リストを作成・暗記し、3ヶ月ごとに8学期まで作って学期ごとに達成度や方法をチェックし、重点は自分の弱点であった「語彙のなさ」と「話されるスピードについていけないこと」の克服に置いた』ということです。

枝廣さんは、別の機会に、『やりたいことを「いつかやる」「あとでやる」と思っていても、その「いつか」は来ないから、やりたいことがあるのなら、どんなに忙しくても、たとえ1日5分でも今日から始めないと。「時間があったら」「お金があったら」など「たら」と言わないで、時間やお金をつくることから始めればいいと思います』とも語っています。

それから、枝廣さんは、ご本人は直接には語っていませんが、すごい体力の持ち主のようです。

健康はほんとうに大事です

|

« 絶対必要な英単語6000語(66/365) | Main | 英語学習法(7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3244077

Listed below are links to weblogs that reference 英語学習法(6):

« 絶対必要な英単語6000語(66/365) | Main | 英語学習法(7) »