« 「才能」(10) | Main | 絶対必要な英単語6000語(82/365) »

「才能」(11)

私がいろいろな「本」から受けた恩恵は計り知れません。

それは、傑出した人でも変わらない。

谷川浩司著「集中力」より、引用します。太字はk.y.。

(引用開始)...将棋を初めて覚えた時に、駒の動かし方を覚えたのは百科事典であった。今もその百貨辞典が残っているが、繰り返し読んだせいで、「ショ」の項目のところだけが真っ黒になっている。他にも将棋のことは本から多くを学んだものである
 町に行くと、まず書店に直行した。そこで何時間も座り込み、内容を頭に叩き込むのである。一緒に行った母などは、書店の人に悪くて、結局欲しがる本はたいてい買ってくれたのだそうだ。その頃の私はひらがなはともかく、漢字はほとんど読めなかった。しかし、読めなくてもそれを記号として覚えてしまうので、意味は通じた奇妙な読書術だが、理解度は相当なものだったと思う。よく外国語が苦手でも、趣味の雑誌や好きな歌手の歌詞などは内容が分かってしまうそうだが、私の場合もそうしたものだったのであろう。(引用終止)

興味をそそる話ですね!

芥川賞作家・花村萬月さん(ユニークな育ちの人ですね)の『父の文章教室』にも同じようなことが書かれています。漢字は読めなかったが意味は分かったという話。ただし、花村さんの場合は、「幼児に読書を強制する父」の恐怖心から必死に文字を凝視した結果でした。引用しましょう。

(引用開始)...父に対する恐怖に意味不明な漢字を凝視しているうちに、前後のつながりなどからも類推するのでしょうが、なんとなく朧気(おぼろげ)な意味が立ちあがって来るのです...(引用終止)

|

« 「才能」(10) | Main | 絶対必要な英単語6000語(82/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3430933

Listed below are links to weblogs that reference 「才能」(11):

« 「才能」(10) | Main | 絶対必要な英単語6000語(82/365) »