« 絶対必要な英単語6000語(90/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(89/365) »

日本の英語教育その他の教育の機会均等

公立校と私立・中高一貫教育校の教育。

私にも事情のよく分かる例で言えば、英語教育の質・量がまるで違う。

公立はカスカスである。

なぜ、こんなことになってしまったのか?

前の文部省の失態が大きい。時間数を削り、文法を削り、くだらないチーチーパッパ英語(会話英語)を増やした結果である。お気楽なネイティヴが教室に来てどうでもいいゲームをしたり音声機械(CD)を演じたりしているうちにさらに貴重な学習時間が減っていく。教えている英語の先生の語彙も当然やせ細っていく。おまけに、小学校にまでチーチーパッパ英語を導入してとんでもない素人たちが英語ごっこをしてそれでなくても少なくなっている授業時間を浪費している。結果、児童の日本語が貧しくなっていく。なぜ、チーチーパッパ英語などやめて漢字を含めた日本語の教育を充実させないのでしょうか? 貧しい日本語を背景に行われる貧弱な英語教育などぞっとする! 日本語を充実させなければ英語も伸びない。

一方、中高一貫教育の私立中学の英語教育は公立とはまったく違う。第一テキストがまるで違う。構文も比較にならないほど重視されている。時間数も断然多い。付随的にネイティヴの授業もあるが主流は従来の構文・読解重視の教育である。それでいいのです。何の不都合もありません。変な表現などもかなり是正されてきています。成績が落ちたら高価なプロの家庭教師を雇ってバックアップする家庭さえ少なくありません。

公立中学も、従来の構文・読解中心の教育に復帰し、時間数も元に戻し、チーチーパッパ英語こそ廃止すべきです。その上で従来欠けていた音声訓練を強化する手立てはいくらでもあるはずです。ただし、一般に思われているほど音声に神経を使う必要はありません。

今のままだと、経済的に豊かな親を持つ中高一貫教育校の生徒たちと公立校の生徒たちの格差が開くばかりになって、等しく教育を受ける権利が著しく損なわれます。現実にそうなっています。

もちろん、こうした問題は英語教育に限られたことではない。公立校の場合、優れた素質を持つ生徒であってもその能力を発見して伸ばす機会を奪っているとしたら、その役割に大きな疑問符が付くことになります。

公立校復活・充実の施策を積極的に考えて実施に移している地方自治体も出てきていますが、ことは急を要すると思います。家庭が貧しくても、優れた教育を受けることができれば、機会均等の恩恵に浴することができます。また、そうでなければ、社会も十分に活性化しないと考えます。

なるほど、どんな境遇にあっても突出した人は本人の努力によって出現します。しかし、統計的に見れば、制度的な枠組みは各生徒にとって甚大な影響を与えることは明らかでしょう。学習に興味を示さない生徒をあくまでも学習に駆り立てる必要はないでしょうし、また、社会には各自各様に活躍できる分野が多様にありますから、学習だけを重視することはばかげていると思いますしかし、学習意欲もその能力も十分にある生徒たちから学習の機会を奪っているとしたら何のための公教育でしょう? 

私の2人の子どもたち(団塊ジュニア)は迷いもなく公立校に通わせましたが特に問題はなかったです。当時は、まだ、公立校でもちゃんとした教育を受けることができる学校を選択できました。塾もまったく必要なかったのです。今は、有効・具体的な方法を欠く「ゆとり教育」が教育現場にひどい劣化をもたらしてしまいました。

もっとも、あれほど熱心に英語教育を行う私立の進学校であってもさほどの結果を残せない生徒も多く、落ちこぼれもあることは十分承知しています。他の教科についても同様でしょう。それでも、統計的に比較すれば、公立校・私立中高一貫校の格差は開くばかりだったと考えています。

以上、認識不足もあってやや極論になってしまったかもしれません。叱声その他のコメントがあればぜひお寄せください。

|

« 絶対必要な英単語6000語(90/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(89/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3551230

Listed below are links to weblogs that reference 日本の英語教育その他の教育の機会均等:

« 絶対必要な英単語6000語(90/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(89/365) »