« 絶対必要な英単語6000語(100/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(101/365) »

記憶(5)

記憶といえば薬学博士・東京大学助手・池谷裕二さんの名がすぐ浮かびます。

このコラムでもよくアイデアを拝借しています。

今回は、記憶に関する池谷さんの観点を―『VISA 2005 5月号』の同氏の記事を参考にして―箇条書きにしてまとめておきます。

1 「歳をとれば記憶力は低下する」という考えは、最近の脳科学によれば、迷信である。

2 歳をとっても記憶は増強できる。

3 大人は、蓄積された記憶量が子どもに比較して格段に大きいので、思い出すのが多少困難になる。

4 子どももひんぱんに物忘れを繰り返していて、大人が特にひどいわけではないが、「歳をとると脳力が低下する」という錯覚が社会的通念として存在する。その錯覚によるマイナスの自己暗示が能力開発の妨げになる。

5 子どもと大人の決定的な違いは「情熱の強さ」と「復習の回数」にある。大人は生活がマンネリ化して情熱と執着心が薄れることがあるのに対し、子どもはたいへんな情熱と興味を持って繰り返し対象に接するため自ずと記憶力も高まる。

6 脳は活かすも殺すも各自の心がけ次第である。

ちょっと注意して観察すれば分かるが、子どもが大人より鋭敏とは限らない。「若かった頃なら...」というのは、恰好の言い訳にはなるが、真実ではないでしょう。

以上、大人の人たちに捧げます。

|

« 絶対必要な英単語6000語(100/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(101/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3701241

Listed below are links to weblogs that reference 記憶(5):

« 絶対必要な英単語6000語(100/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(101/365) »