« 「アンチ・バベルの塔」の建築現場(3) | Main | 「アンチ・バベルの塔」検証 (3) »

絶対必要な英単語6000語(128/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

2228 generation

2229 generic

2230 generous

2231 genius

2232 gentle

2233 gentleman

2234 genuine

2235 geography

2236 germ

2237 gerund

2238 gesture

2239 get

2240 ghastly

2241 ghost

2242 giant

2243 gift

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。shinshi さん、いつも、ミスのご指摘ありがとうございます。今回の分から訂正します)


バートランドラッセルの幸福論 その20

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

These considerations lead us to the problem of the individual: what can a man or woman, here and now, in the midst of our njostalgic society, do to achieve happiness for himself or herself ?

これらの考慮が我々を個人の問題へ導く:男あるいは女は何が、ここでそして今、我々の切ない社会の只中で、できるのか 幸福を達成するために 彼自身あるいは彼女自身のために

(そうしたことをいろいろ考えると結局個人の問題になる: 各人が、この切ない社会で、今何をしたらそれぞれ幸福になれるのか?)

続く...

|

« 「アンチ・バベルの塔」の建築現場(3) | Main | 「アンチ・バベルの塔」検証 (3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/4082835

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(128/365):

« 「アンチ・バベルの塔」の建築現場(3) | Main | 「アンチ・バベルの塔」検証 (3) »