« 絶対必要な英単語6000語(120/365) | Main | 英語学習法(20) »

奇才の幼少時代(2)

キューリー夫人の場合

ポーランドの人。1867年11月7日に誕生。1903年ノーベル物理学賞受賞。1911年ノーベル化学賞受賞。
結婚前の姓名はマリア・スクロドフスカ(通称マーニャ)。

以下は、彼女が10歳のときの出来事。すべて『キューリー夫人伝(白水社・1962年版)』より(1部はそのまま引用)。

他の生徒より2つ年下であったが、マーニャは算術はずばぬけていて、歴史・文学・ドイツ語・フランス語・教理問答も1番の紛う事なき秀才であった。今、彼女のクラスはポーランド語でポーランドの授業をしているが、当時ポーランドはロシアの支配下にありポーランド語の授業はロシア当局の好まないことであった。

突然 「合図のベル」 が遠慮がちに鳴って、生徒たちはあわててポーランド語の本やノートをかき集め、数人の生徒がそれをを寄宿生の寝室に隠しに行き、すばやく教室に戻ってくる。ぎりぎり間に合う。

やってきたのは、立派な制服を着た、短髪・ずんぐり・あぶらぎった顔・金縁メガネの、ワルソー私立学校視学管のホルンベルク氏である。

25人の生徒たちは全員指貫をはめて裁縫をしている。教壇にはロシア語の本がこれ見よがしに開けられている。

ホルンベルクは生徒をひとり指名してくださいと言う。ロシア語が完璧にできるマーニャが―いやでたまらないにもかかわらず―指名される。

まず、ロシア語で祈りの言葉を言わされる。屈辱を秘めながらもマーニャは正確に言葉を刻む。 やがて、ホルンベルクの質問が始まる。

ホルンベルク: カトリーヌ2世以来、わが神聖なるロシアを統治したもうたツァーのみ名は?

マーニャ: カトリーヌ2世、ポール1世、アレクサンドル1世、ニコラス1世、アレクサンドル2世...

ホ: 帝室のご一家のお名前と尊号は?

マ: 皇后陛下、ツァレウィッチ・アレクサンドル殿下、大公殿下...

ホ:ツァーの尊号は?

マ: ヴィェリーチェストヴォ(陛下)。

ホ: わたしの称号は?

マ: ヴィソコロージェ(閣下)。

ホ: われわれを統治あそばす方は?

沈黙

ホ: われわれを統治あそばす方は?

マ: 露領全体のツァー、アレクサンドル2世陛下。

ホルンベルクは大いに満足して次の教室に去る。

先ほどまでポーランド語で歴史を教えていたチュプツィア先生は言う。「ここへいらっしゃい、スクロドフスカさん」

先生は無言でマーニャの額にキスをする。マーニャは気がゆるんでワッと泣き崩れる。

こんな緊張の中でひとこともつっかえないでしかも外国語のロシア語でスラスラ受け答えできたマーニャは、4歳の頃にはだれも教えないのに見よう見まねで文字を覚え本をよどみなく読んでいたという。

「だれも教えないのに見よう見まねで文字を覚え...」と書いていてよく似た情景を思い出しました。Erich Segal 著『Prizes』の次の1コマです(太字k.y.)。Isabel はここではまだ幼児ですが後に不世出の物理学者に成長します。Raymond とMuriel は Isabel の両親。

(引用開始) At first her instinct seemede correct. Raymond was attentive and affectinate to his bright-eyed little girl, whom they named Isabel after his mother. Muriel spent many happy hours reading to her lovely, lively daughter, who seemed fascinated by words and rather adept with them.
 At first Raymond did not seem aware that, even as she played in the garden with other toddlers whose vocabulary was limited to monosyllables, Isabel was speaking complete sentences,
 But the most astounding discovery was yet to come.
 As Muriel was cleaning up the multicolored remnants after Isabel's third birthday, scraping icecream off the rug and scrubbing jellied fingerprints from the wall, she overheard a tiny bell-like voice.
 "'Barbar is trying to read, but finds it difficult to concentrate; his thoughts are elsewhere. He tries to write, but again his thoughts wander. He is thinking of his wife and the little baby soon to be born. Will it be handsome and strong? Oh, how hard it is to wait for one's heart's desire !7"
 She had never read this story to Isabel. Clearly her daughter had simply unwrapped a gift and decided to peruse it herself.
 At first she was stunned, unsure of what to do. And though reluctant t5o call this amazing event to her husband's attention, she wanted corroboration that it was not her imagination.
 She quietly slipped from the room and summoned Raymond from his study. Now both parents stood in the doorway dimbstruck, watching their pretty little girl ― whose previous exposure to the alphabet had been merely watching "Sesame Street"― recite flawlessly from a book intended for adults to entertain their children.
 "How could she learn all this without us noticing ?" Muriel asked, this time sharing her husband's elation.
 Raymond did not answer. He did not know how bright his daughter was.
 but he was resolved to spare no effort to find out.(引用終止)

奇才の幼少時代(1)はうっかり消してしまいました

|

« 絶対必要な英単語6000語(120/365) | Main | 英語学習法(20) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/3968657

Listed below are links to weblogs that reference 奇才の幼少時代(2):

« 絶対必要な英単語6000語(120/365) | Main | 英語学習法(20) »