« 「アンチ・バベルの塔」検証 (2) | Main | 英語学習法(19) »

記憶(7)

この「記憶」のコラムでは、『海馬』を取り上げて以来池谷裕二さんにはほんとうにすばらしいヒントをいただいています。その池谷さんのホームページがまたおもしろい。ここ → http://www5.airnet.ne.jp/gaya/no1.htm です。

以下に、「記憶」に関する記事の冒頭部分を引用させていただきました(太字k.y.)。

(引用開始) 脳の可塑性  私達は、日常生活において意識するしないに関わらず実に様々なことを記憶・学習しています。そしてそれは、物理化学の現象などから体験によって学ぶちょっとした知恵から、教養的な知識まで非常に多岐にわたっています。
 例えば、私達は誰でも、ジョージ・ワシントンがアメリカ合衆国の初代大統領であることを知っています。学校で習ったから、本で読んだから、親から教えてもらったから。どうして知ったかと訊かれたら、その答は人によって様々でしょう。しかしどんな人でも、当然、教えられるまえは知らなかったはずです。生まれたときからワシントンを知っている人などいませんから。しかし、こんな当たり前の話の中に、たいへん重要なことが隠されています。右図を見て下さい。ワシントンがアメリカ合衆国の初代大統領であることを知っている状態がR、知っていない状態がNRだと思って下さい。横軸は時間です。年齢といってもよいでしょう。始めは誰でもNRの状態です。ところが今はRの状態です。この変化は、ある時点でのきっかけCを境に起こっています。Cは人によって様々でしょうが、とにかく昔はNR、今はRの状態であることはまちがいありません。したがって、この間で脳に変化がおこっているはずです。覚えていない状態NRと、覚えている状態Rとでは、脳のなにかが違っているはずです。このことを私達は「脳の可塑性(かそせい)」と呼んでいます。広辞苑(岩波書店)には、可塑性とは「個体に外力を加えて弾性限界を越えた変形を与えた時、外力を取り去っても歪がそのまま残る現象」とあります。つまり脳の可塑性は脳はあるきっかけによってなんらかの変化をおこし、そのきっかけがなくなっても変化したままの状態でいるということです。実際に私達は、ワシントンを既によく知っていますから、思いおこすたびに、教科書を見返す必要などありません。それにしても記憶する時に、脳のなにが変化するのでしょうか。このなにかを知ることが、記憶のメカニズムを解明することへの第一歩と考えられます。(引用終止)

Cとは、私のコラムについて言えば、「アンチ・バベルの塔」の建設です

追記: http://shop.kodansha.jp/bc/books/hon/0411/ikegaya.html → 「記憶」の権威・池谷さんと英語の話です。

池谷さんは上記の記事で 『[1]私にはカタカナ発音しかできない(これは日本人として生まれ育ったのだから今さら英語特有の発音を身につけようがないという脳科学的な根拠に基づいたものです)。[2]それ故に私の発音は本来の英語の発音からひどくかけ離れたものであって、アメリカでは通用しない。[3]しかし、私の発音を別のカタカナに置き換えることによって、多くの場合は通じさせることができる』 と述べていますが、私の経験から言っても[1]は、つまり『日本人として生まれ育ったのだから今さら英語特有の発音を身につけようがないという脳科学的な根拠に基づいたもの』という言明は明らかに誤解です。優秀な池谷さんでもこんな思い違いがあるんですね!

|

« 「アンチ・バベルの塔」検証 (2) | Main | 英語学習法(19) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記憶(7):

« 「アンチ・バベルの塔」検証 (2) | Main | 英語学習法(19) »