« 「アンチ・バベルの塔」検証(4) | Main | 絶対必要な英単語6000語(158/365) »

コメントにお答えする(15/2005)

shinshiさんへ

> ① shinshiさん、カードは何枚になっていますか? 枚数をお知らせください。

> A6サイズのノートを使っていますが今のところ枚数は全部で800枚ほどです。(いわゆる京大式の情報カードで換算すると400枚程度といったところでしょうか。近所の文房具店には情報カードは売っていないのでノートを使っています。)

> こちらのブログを見はじめてから4ヶ月あまりになりますが、いちおうほぼ毎日暗記を続けています。

今までのところカードで400枚ぐらいというイメージで話してみます。

最終的に、5~6000語であれば、たぶんカードで1000枚ぐらいにおさまるのではないかと思います。

そこで1000枚として私なりの復習のしかたは:

① 100枚単位にリングでまとめ10セットにする。今の段階なら4セットになりますね。

② 復習のかたよりがないように各セット10枚ずつ、全部で10セット、つまり100枚を1日の復習量とする。したがって、1000枚であれば10日で一巡して、1ヶ月では三巡(3回の復習)になります。

③ 完全に覚えた後の復習なら10枚は5分で復習できます。だから100枚で50~60分です。こまぎれの復習でもまったく問題はありません。時間がない場合は1日の復習枚数をたとえば50枚とかにすればよい

1000枚に達するまでは「新たな暗記」と「復習」の両方を平行して行う形になりますのでたいへんです。様子をみながらいろいろ工夫が必要になります。多忙な人は転写だけでも先に済ませたほうがいい場合もあるでしょう。

自分なりの余裕期間も組み込んで、しかしできるだけ10日以上の放置は避け、それでも必ず何度も何度も何度も...忘れますが、忘れても忘れても忘れても...悲観しないで続けたら脳は ― 徐々にですが ― 必ず受け入れてくれるようになります。

そうすれば多読の際にその効果を実に愉快に実感するようになります。さらに続けて覚えていけば、ペーパーバックのページがリズミカルに躍動するようになります。

以上、少しでも参考にしていただければ幸いです。

|

« 「アンチ・バベルの塔」検証(4) | Main | 絶対必要な英単語6000語(158/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/4514175

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(15/2005):

« 「アンチ・バベルの塔」検証(4) | Main | 絶対必要な英単語6000語(158/365) »