« 「才能」(22) | Main | 絶対必要な英単語6000語(173/365) »

コメントにお答えする(18/2005)

風の祈り さんへ

私のコラムに関心を寄せていただきありがとうございます。

単純にすぎる発想ですが、英語だけで10万語覚えられるのであれば10ヶ国語を各1万語ずつ覚えるのもすばらしいアイデアかと思います。

> 英語は発音記号IPAを表すフォントで、いい具合のものがないので、英語は挫折状態です。

私は、Word で語彙カードを作成していますが、発音記号は 『ランダムハウス英和大辞典』 を利用しています。発音記号をそのままコピーしてWord の文書に貼り付けることができるからです。文字化けなどは発生しません。

> ちなみに私はポリグロットを目指しているので、英語はジーニアス英和辞典の星印とダガーのついた計12,000語を覚えることを目標にしています(ほかの言語も7,000\x{ff5e}12,000語を覚えるため)。

ポリグロットを目指される方としてはたいへん妥当な作戦だと考えます。それから、もうすでに実行されているかもしれませんが、できれば「学習用英英辞典」も併用されることをお勧めします。

また、『最新 アメリカ英語表現辞典(市橋敬三著)』をときどき参照して、英和辞典の説明の補足にするのも有効かつ楽しくもあると思います。

> 発音記号を表す方法でいいやり方があったら教えていただくと非常にありがたいのですが、どうかよろしくお願いいたします。

まず、実際の発音を完璧にマスターすることを前提にして、いくつかの方法があります。

今、思いつくことを列挙しておきます。

① 大学書林発行の 『フランス語4週間』 や 『ドイツ語4週間』 などの発音表記を参考にする

② それに加えて「自分専用の発音記号」を発明する。私も『ランダムハウス英和大辞典』にない語彙の発音に関しては普通のアルファベットを使ったり日本語(漢字・カタカナ・ひらがな)をつかったりして表記しています。たとえば grow なら[ぐろう / grou] 、 theater なら [スィアター]、sit なら [すぃt ]、parathyroid なら [ぱラさいろいどぅ] というように、実際の発音が完璧であれば、あとは自分で「一貫した発音記号」を発明して利用すればすべて解決するはずです。既成の発音記号にこだわる必要はないでしょう。th→す/巣、s→ス/酢 という風にいろいろな文字を規則的に使えば大丈夫です。Was ist das ? であれば[ヴァス イストゥ ダス]で充分わかります。

③ たとえば『Scholastic Children's Dictionary』はアルファベットをそのまま使って発音を表記しています。

辞書の冒頭に発音表記の一覧があります↓

a → mad, pat

ah → ah father

air → fair, care

ar → dark

...

th → thin, bath

TH → this, bathe

...

つまり、eaves/drop ( eevz-drop) という感じです。

アクセントは a とか a とか a とかで表記できます。

④ 他にもちゃんと表記できる方法はあるんじゃないでしょうか? フォントやワープロソフトに関する知識がないためにできないだけだと思います。だれか、教えてくださる方あるいは「マニュアル」の所在をご存知の方がおられましたらぜひご教示お願いします。

風の祈りさん、以上何かの参考になればうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 「才能」(22) | Main | 絶対必要な英単語6000語(173/365) »

Comments

毎日楽しみにして読ませていただいております。また、私もバベルの塔の建設中です。ところで、発音記号の件ですが、googleでword、発音記号で検索してhttp://www.onosho.ed.jp/info/phoneticsymbol/phoneticsymbol.htmhttp://hp.vector.co.jp/authors/VA014071/tips/ipa.html のどちらかを見ればきれいに印刷できると思います。私は、これでカードに書き込んでいます。『ランダムハウス英和大辞典』 からそのままコピーするよりは面倒でしょうが、21行にするとフォントを変えることなく記入できます。参考になればと思います。今後も面白い記事で楽しませてください。

Posted by: M.Wakasa | June 27, 2005 at 03:21 PM

>k.y.様、M.Wakasa様

 どうもいろいろご指導ご鞭撻(べんたつ)ありがとうございました。実は私の方でも独自に解決策を見いだしましたので披露します。

 MS-Wordの「書式」→「段落」→「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」チェックを外す

という行為を単語ごとに繰り返せば、IPAPhonとかSILIPAとかいったフォントを使っても、行がずれることはなくなります。以上皆様、ご参考にしていただければありがたいと思います。

Posted by: 風の祈り | June 28, 2005 at 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/4716251

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(18/2005):

» アンチ・バベルの塔を構築し始めてみて [座敷牢から風の祈り]
 私は英語とロシア語について、アンチ・バベルの塔の構築を始めました。そして今日、 [Read More]

Tracked on July 02, 2005 at 05:16 AM

» アンチ・バベルの塔を構築し始めてみて [座敷牢から風の祈り]
 私は英語とロシア語について、アンチ・バベルの塔の構築を始めました。そして今日、 [Read More]

Tracked on July 04, 2005 at 04:24 AM

« 「才能」(22) | Main | 絶対必要な英単語6000語(173/365) »