« 作家のアイデアの源泉(1) | Main | 絶対必要な英単語6000語(200/365) »

作家のアイデアの源泉(2)

作家の整理術(1)で、作家の松井今朝子さんの書類箪笥の話しをした。

松井さんはその箪笥の利用方法について ― 「どの抽斗に何の資料が入っているのか、テープにでも書いて表に貼っておいたらよさそうだが、最初に整理した段階で私は敢えてそれを避けた。トランプの神経衰弱をするような気分で開けるのを、なんとなく面白がっている。間違ったら思いがけない記憶の抽斗がハッと開くことで、自ずとまたそこから別の小説のヒントが生まれたりもするのだった」(クロワッサン 2005年7/25より) ― と述べている。

楽しい話だと思う。

そこで、ホラー作家・スティーヴン・キングのことを思い出した。

彼は 『Four Past Midnight』 で「Stories come at different timesw and places for me - in the car, in the shower, while walking, even while standing around at parties. On a couple of occasions, stories have come to me in dreams. But it's very rare for me to write one as soon as the idea comes, and I don't keep an 'idea notebook.' Not writintg ideas down is an exercise in self-preservation. I get a lot of them, but only a small percentage are any good,
so I tuck them all into a kind of mental file. The bad ones eventually self-destruct in there, like the tape from Control at the beginning of every Mission: Impossible episode. The good ones don't do that. Every now and then, when I open the file drawer to peek at what's left inside, this small handful of ideas looks up at me, each with its own bright central image.」と書いてある。

Every now and then, when I open the file drawer to peek at what's left inside, this small handful of ideas looks up at me, each with its own bright central image」という件(くだり)が、松井今朝子さんが書類箪笥の抽斗を無作為に開けてわくわくしている光景と重なり合って見えたのだ。

私の頭の中で、書類箪笥の抽斗とスティーヴン・キングのmental file drawer がクロスした。

続く...


|

« 作家のアイデアの源泉(1) | Main | 絶対必要な英単語6000語(200/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/5076435

Listed below are links to weblogs that reference 作家のアイデアの源泉(2):

« 作家のアイデアの源泉(1) | Main | 絶対必要な英単語6000語(200/365) »