« 雑談(1)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(208/365) »

メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典より(2)

『メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典』 はメルヘンの国から輸入したような児童用辞書である。

今 gravity の項目を読んでいます。次のように(原文に忠実に訳すと)書いてあります。

重力(gravity)とは物体を地上にとどめておくものです。それはひとつの力で、物体を地球に向けて引っ張ります。だから、手に持っている物を離すと下に落ちるのです。重力がなかったら、何もかもゆっくり飛んでいってしまうでしょう!

重力がどのように作用するのかを初めて説明した人が、300年以上前に生きていた、あの英国の科学者・アイザック・ニュートンでした。彼は自分の説明をラテン語で書きました。ラテン語は、そのころ、科学の言葉でした。ニュートンは、ラテン語の―重さを意味する― gravitas という単語を選んで、力を記述したわけです。
 ラテン語の gravitas は、gravity という単語になって、すでに英語に入っていました。それは、ラテン語の単語と同じように、重さを意味しているだけでした。それで、人々は、ニュートンの考え方について英語で語り始めたときに、 gravirty という単語を ― ニュートンの新しい意味を 与えて ― 使ったのです。

(原文引用開始)

gravity noun

Gravity is what makes things stay on the ground. It is a force that pulls things toward the earth. That is why when you let go of something you are carrying, it falls down. Without gravity everything would float away !

The first person to explain how gravity works was the English scientist Isaac Newton, who lived over 300 years ago. He wrote his explanation in Latin, which was the language of science back then. Newton chose the Latin word gravitas, which meant heaviness, for the force he was describing.
 Latin gravitas had already come into English as the word gravity. It just meant heaviness, like the Latin word. So when people started talking about Newton's ideas in English, they used the word gravity, giving it Newton's new meaning.

(原文引用終止)

Very interesting !

|

« 雑談(1)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(208/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/5236091

Listed below are links to weblogs that reference メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典より(2):

« 雑談(1)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(208/365) »