« 語彙と思考(3)続続 | Main | 時事英語(1) 郵政民営化(その1) »

絶対必要な英単語6000語(216/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

3401 paper boy

3402 paper clip

3403 parachute

3404 parade

3405 paradise

3406 paragraph

3407 parallel

3408 paralyze

3409 parcel

3410 pardon

3411 parent

3412 park

3413 parking lot

3414 parking meter

3415 parkway

3416 parliament

3417 parlor

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その107

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

Perhaps their pride is like that of the fox who had lost his tail; if so, the way to cure it is to point out to them how they can grow a new tail.

たぶん 彼らのプライド is それ(プライド) of 尻尾をなくしたキツネ; それを治す方法 is 指摘すること 彼らに どのようにしたら新たな尻尾を生やせるか

(この自慢のしかたは、尻尾をなくしたキツネの態度と同じだろう。その態度を改めさせるには、新たな尻尾を生やす方法を教えてあげたらいい)

k.y.注: 「尻尾をなくしたキツネ」は、イソップ物語にでてくるキツネで、ワナにかかって尻尾をなくしたキツネが開き直って「尻尾がないほうが見た目もいいし身軽だ、みんなも尻尾を取ったらどうだ」と仲間に自慢する話。

続く...

|

« 語彙と思考(3)続続 | Main | 時事英語(1) 郵政民営化(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/5351498

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(216/365):

« 語彙と思考(3)続続 | Main | 時事英語(1) 郵政民営化(その1) »