« 「アンチ・バベルの塔」方式によるボキャビル挫折の原因・続 | Main | ネイティヴの子供と大人の日本人の英語学習 その3 »

絶対必要な英単語6000語(238/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

3930 preview

3931 previous

3932 prey

3933 price

3934 prick

3935 pride

3936 priest

3937 primarily

3938 primary

3939 prime

3940 prime minister

3941 primer

3942 primitive

3943 prince

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)

直近、230回の分から番号を訂正いたしました


バートランドラッセルの幸福論 その129

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

His employer, arriving in the same mood, does nothing to dissipate it in the employee.

彼の雇い主は、同じ気分で到着して、何もしない 従業員のそれを消散させるために

( 社長は、同じように疲弊して出社し、何も手を打たないから従業員は鬱屈したままである )
 
続く...

|

« 「アンチ・バベルの塔」方式によるボキャビル挫折の原因・続 | Main | ネイティヴの子供と大人の日本人の英語学習 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/5691623

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(238/365):

« 「アンチ・バベルの塔」方式によるボキャビル挫折の原因・続 | Main | ネイティヴの子供と大人の日本人の英語学習 その3 »