« 辞書の歴史(2) | Main | 中村修二の言語観 »

絶対必要な英単語6000語(251/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

4117 ram

4118 ramp

4119 ranch

4120 random

4121 range

4122 rank

4123 ransom

4124 rap

4125 rapid

4126 rapture

4127 rare ( 1 )

4128 rare ( 2 )

4129 rascal

4130 rash ( 1 )

4131 rash ( 2 )

4132 raspberry

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)

直近、230回の分から番号を訂正いたしました


バートランドラッセルの幸福論 その142

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

Men take their business worries to bed with them, and in the hours of the night, when they should be gaining fresh strength to cope with tomorrow's troubles, they are going over and over again in their minds problems about which at the moment thy can do nothing, thinking about them, not in a way to produce a sound line of conduct on the morrow, but in that half-insane way that characterizes the troubled meditations of insomnia.

男は仕事の悩みをベッドに持ち込む、and 夜の時間帯に、 when 彼らが新たな力を獲得しているべきである 明日の問題に対処するために、 彼らは何度も検討する 彼らの頭の中で 諸問題を それらについて 今は 彼らは何もできない、 それらについて考えながら、 ~するための方法でではなく 生み出す 翌日の妥当な一連の行動を、 but 半ば異常な方法で that 特徴付ける 問題のある思考 of 不眠

( 男は仕事の悩みを寝床に持ち込んで、夜中 ― 明日の問題に対処できる鋭気を 養わなければならない時間帯 ― に、あれこれとまったく無駄な心配をして考え込んでしまうのだが、そんなことをしても、不眠にありがちな半ば異常な思案をしているに過ぎず、翌日になって妥当な行動をとれるわけではない)

続く

|

« 辞書の歴史(2) | Main | 中村修二の言語観 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/5888790

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(251/365):

« 辞書の歴史(2) | Main | 中村修二の言語観 »