« 絶対必要な英単語6000語(268/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(269/365) »

メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典より(4) 日本人の英語の語彙の弱点

『メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典』 は、メルヘンの国から輸入したような美しく豪華な児童用辞書である。

この英英辞典は、見出し語が約1000語、見出し語の説明の中に組み込まれた語彙が約1000語、計約2000語が主なターゲット語彙になっている。

「序文」をみると、この2000語は6歳の子どもが聞いて理解できる語彙数約1万語の1/5だと書いてある。

なぜ、そんなに少ない語彙数にしたのかというと、まさに日常の語彙を提示することによって辞書に親しみを持たせるためだという。

まず既知の語彙を示して辞書を引く楽しさを教え、子どもたちの好きな言葉遊びも組み込んで、これからの語彙学習の起点/基点にしたいというわけである。

したがって、この英英辞典に記載されている語彙はほとんどの子どもがあたりまえに知っている語彙だということになる。

ところが、英語を外国語として学習する普通の日本人がこの辞書に記載されている語彙を全部知っているかというと決して yes とは言えない

今私の手元にあるのは、『単語王2202(中澤一著)』という、大学/TOEIC/TOEFL/英検などを受験する人たち=英語を最も真剣に勉強する人たちを対象にした代表的な単語集(単語数2202語)である。比較的よくできる受験生に人気がある。

だから、この単語集の語彙=普通の日本人の英語の語彙といっても過言ではない。

-----------------

さて、『メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典』 のAの項目を見ると次の語彙が見出し語として登場する。

accident ache acrobat act add address adventure afraid age ago ahead air airplane alarm alien allergic alligator allow alone alphabet always ambulence angry animal ant apartment ape appear apple aquarium arctic arena arm armor arrow ashamed asleep asthma astronaut attack attic aunt author awful

上記の太字の単語が 『単語王』 には記載されていない。

もちろん中学英語だからという理由で省かれた単語もある。しかし、その他の記載されていない単語は、明らかに、日本人にはなじみの薄い「児童の日常語」である。

たとえば、「acrobat」 は「曲芸師」のことだが、「曲芸」だと思っている方もおられる。

『メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典』 には acrobat の語源の説明もある → Acrobat came into English from French, but it goes way back to an ancient Greek word that meant walking on tiptoe. The word acrobat was first used for people who walked on tightropes.

------------------

このように、『メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典』 は、私たちの弱点になっている日常語彙の意味・用法を確認する格好の辞書になる。

その明快な記述にも学ぶべき点はふんだんにある。

私は、いつも、「優れた辞書ほど安価なものはない」と思って感謝しています。

|

« 絶対必要な英単語6000語(268/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(269/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/6172250

Listed below are links to weblogs that reference メリアム・ウェブスターズプライマリー英英辞典より(4) 日本人の英語の語彙の弱点:

« 絶対必要な英単語6000語(268/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(269/365) »