« 哲学者の言葉:3 | Main | 日本人の英語教育について(1) »

絶対必要な英単語6000語(281/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

4573 September

4574 sequence

4575 serene

4576 sergeant

4577 series

4578 serious

4579 sermon

4580 servant

4581 serve

4582 service

4583 serviceman

4584 servicewoman

4585 session

4586 set

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その172

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

Of course, the trouble may be fear of bankruptcy, and in that case his work is directly connected with his worry, but even then worry is likely to lead him to work so long that his judgement becomes clouded and bankruptcy comes sooner than if he worked less.

もちろん、その問題は倒産の恐れかもしれないし、その場合には彼の仕事は彼の心配と直接結合しているが、そのときでも心配事は~しがちである 彼をリードしてあまりにも長く仕事をさせるので彼の判断が曇って、より少なく仕事をする場合より倒産が早くやってくる

( もちろん、問題というのは倒産のことかもしれないし、その場合は仕事即心配事になる。しかし、それでもなお、心配な分だけ余計に仕事にのめりこんで判断がにぶり、あまり仕事をしない場合より早く倒産してしまう傾向がある )

続く...

|

« 哲学者の言葉:3 | Main | 日本人の英語教育について(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/6357902

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(281/365):

« 哲学者の言葉:3 | Main | 日本人の英語教育について(1) »