« コメントにお答えする(37/2005) | Main | 絶対必要な英単語6000語(296/365) »

絶対必要な英単語6000語(295/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

4764 slogan

4765 slope

4766 slot

4767 slow

4768 slum

4769 slumber

4770 slump

4771 slur

4772 sly

4773 small

4774 small arms

4775 small letter

4776 small-minded

4777 small talk

4778 smart

4779 smash

4780 smear

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)

バートランドラッセルの幸福論 その184

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

I have found, for example, that if I have to write upon some rather difficult topic the best plan is to think about it with very great intensity - the greatest intensity of which I am capable - for a few hours or days, and at the end of that time give orders, so to speak, that the work is to proceed underground.

私は見つけた、たとえば、that もし何かかなり難しいことについて書かなければならないとしたら、最善の計画はそれについて考えることである with 極めて強い集中力 - 私ができるかぎり最強の集中力 - 数時間あるいは数日 and その最後のときに 命令を与える、言ってみれば、that その仕事は地下に潜行するべきである

( 私は、たとえば何か難しい問題について執筆しなければならない場合に最高の対処法は― ものすごく集中して、つまり極限まで集中して、その問題について数時間から数日間考え込むこと、そして最後にその思考にいわば地下潜行を命じること ― だと悟った)

続く...

|

« コメントにお答えする(37/2005) | Main | 絶対必要な英単語6000語(296/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/6546855

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(295/365):

« コメントにお答えする(37/2005) | Main | 絶対必要な英単語6000語(296/365) »