« 単語学習(6)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(291/365) »

単語学習(6)その3

前回に:

日本人の英語学習者の間にはいくつかの熱狂的な信仰があります。

そのうちのひとつは、「1生に2度とお目にかからないようなことばまで覚えるはめになる辞書の暗記など無駄である」という頑迷な思い込みです。

と書きました。

頑迷な思い込みの2つめは「辞書で語彙を覚えても役にたたない、単語だけ丸暗記しても使い方がわからない、しかし読み物の中の未知語彙を記録して覚えておけば実際の使い方がわかる」という信仰です。

なるほど、文章に組み込まれた語彙を覚えたら使い方がわかるのは確かです。

しかし、同じ語彙を学習用の辞書を使って覚えたら、その意味も使い方もはるかによくわかります。

私は ― 「辞書で暗記しても実際の使い方がわからない」という人たちは、辞書をちゃんと使った経験がないのだ、せいぜい市販の単語帳ぐらいしか利用した経験がないのだ ― と思います。

『Longman Dictionary of American English』 の前書きには ― The new edition of the Dictionary is based on the authentic language data in the Longman Corpus Network. This unique computerized language database now contains over 400 million words from all types of written texts, and from real conversations across the U.S.
 The Corpus tells us how frequently words and phrases are used, so there is no guesswork in deciding which ones students need to know most. The Corpus also shows which grammar patterns are the most important to illustrate, which important new words and idioms people use every day, and which words are frequently used together ( collocations ). We take our example sentences from the Corpus, and this makes the language come alive as never before. ― と書いてあります。

この辞書は、あらゆる活字媒体や全米で録音した会話から収集した4億語の生の語彙データに基づいている。だから、どの語彙が頻繁に使われるのか正確に把握でき、学習者に必須の語彙を提示できる。同様に、必須の「構文や新たな語彙やコロケーション(各語彙の結びつき)」も的確に示すことができる。例文も実際に使われたものである と書いてあります。

非ネイティヴが、こんなに充実した語彙情報をいかにして入手可能でしょうか? 絶対に不可能です。そんな精選された語彙情報を、もっともっと利用すべきです

「実際の使い方がわからない」どころではありません。学習用の辞書以上に語彙の使い方を過不足なく示してくれるツールは他にありません。「辞書は完全である」とは決して言えませんが、一般的・相対的にみて、辞書以上に優れた語彙学習ツールはないということです。

学習用の辞書を暗記することは、最も正確に最も効率よく英語の語彙を習得することです。

|

« 単語学習(6)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(291/365) »

Comments

k.y.さん、こんにちは。
2回目の書き込みになります。
現在、7000~8000語レベルだと思われる私の語彙力のことを考え、辞書暗記は自重して、市販の単語集の暗記と、それに加えて文章からの覚えるべき単語を拾って暗記しています。
 この作業をしているうちに、難しい単語よりも知っている(つもり)の語彙の語義を掘り下げる作業が中心になりつつあります。難しい語彙を覚えるよりも、よく使われる多義語をより深く知っていることの方が大切な事だと遅まきながら実感しました。
 最近、驚いたものをひとつ挙げます。document の動詞の語義です。
 LDOCEの定義は"to support an opinion, argument etc with recorded facts"で、例文は"It is well documented that men die younger than women."でした。
 意味が全く分からなかったのですが、英和活用大辞典などのほかの辞書で調べた結果、well-documented=「十分な資料に裏づけられた」という意味だとわかり、上記の例文は「~(that節)は十分な資料によって立証されている」と訳してみました(もし間違っていたらお手数ですがご教授お願いします)。

 そこで質問なのですが、日頃怠って来た知ってるつもりの語彙を洗い直しているわけですが、語義が5つ以上あると「こんなに覚えなければならないのか」などと意気消沈してしまいます。7000語レベル以下の語義は、(たとえば8個の語義があったとして、)全部覚えるべきなのでしょうか?

Posted by: N'djamena | October 23, 2005 at 03:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/6506443

Listed below are links to weblogs that reference 単語学習(6)その3:

« 単語学習(6)続 | Main | 絶対必要な英単語6000語(291/365) »