« 昼寝と脳 | Main | 10年で日-英の往復が自在になった(アーサー・ビナード) »

絶対必要な英単語6000語(312/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5041 stockbroker

5042 stock exchange

5043 stockholder

5044 stocking

5045 stock market

5046 stockpile

5047 stockyard

5048 stomach

5049 stone

5050 stool

5051 stoop

5052 stop

5053 store

5054 storm

5055 story

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その201

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

The effort of turning away one's thoughts is a tribute to the horribleness of the specter from which one is averting one's gaze; the proper course with every kind of fear is to think about it rationally and calmly, but with graet concentration, until it has become completely familiar.

自分の思考をそらせる努力は貢物である to 恐ろしさ of 妖怪 from which 人が自分の直視をそらしている:適切な過程 with あらゆる種類の不安 is to それについて考える 合理的にそして冷静に、but 非常に集中して、until それと完全になじみになる
 
(他のことを考えようとすると、目をそむけている妖怪の恐ろしさがますますひどくなる。どんな不安の場合でも、合理的に冷静にまた徹底的に専念して考えることにより、その不安を知り尽くすようにすることが適切な対処法である。

続く.

|

« 昼寝と脳 | Main | 10年で日-英の往復が自在になった(アーサー・ビナード) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7015904

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(312/365):

« 昼寝と脳 | Main | 10年で日-英の往復が自在になった(アーサー・ビナード) »