« 「アンチ・バベルの塔」検証(10)―英英辞典を読むことの意義:続 | Main | 英語学習法(26)その1 »

絶対必要な英単語6000語(331/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5339 themselves

5340 then

5341 theory

5342 there

5343 thereafter

5344 therefore

5345 thermometer

5346 thermostat

5347 these

5348 they

5349 thick

5350 thick-skinned

5351 thief

5352 thigh

5353 thin

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その216 ( 202より再開 )

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

Desire for excitement, when it goes beyond a point, is a sign either of a twisted disposition or of some instinctive dissatisfaction.

興奮への欲求、when それがあるポイントを超える、 is ひとつのしるし either of ゆがんだ性格 or of 何か本能的な不満

( 興奮への欲求も、過度になると、性格のゆがみ或は何か本能的な不満のしるしとなる )

続く.

|

« 「アンチ・バベルの塔」検証(10)―英英辞典を読むことの意義:続 | Main | 英語学習法(26)その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7384985

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(331/365):

« 「アンチ・バベルの塔」検証(10)―英英辞典を読むことの意義:続 | Main | 英語学習法(26)その1 »