« 絶対必要な英単語6000語(307/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(308/365) »

『JACET8000英単語』について:その2

前回に、『 JACET 8000 英単語』は、総数8000語の英単語を8つのレヴェルに区分して掲載していることが特色であると書きました。

各レヴェルについては詳細な説明がありますから、各語彙がどんな語彙であるかということもよくわかります。

さらに、優れた専門家チームが2つのコーパス(「BNC = British National Corpus 1億語」と独自のサブコーパス「JACET」)を基準に言語データを科学的に処理して作成した単語帳だという点で、他の単語帳に比較して信頼性(=客観性)が高いと言えます。

したがって、これからは、まず 『 JACET 8000 英単語』をすべて暗記することをボキャビルのひとつの開始法としてもかまわないと思います。これだけの語彙知識があるのとないのとでは各人の英語力に画然とした差が生じてしまいます。

ただし、次の2点について確認しておくことが必要です。

① 『 JACET 8000 英単語』も ― 他の市販の単語帳とまったく同様に ― 各語彙の意味記述が極めて簡素であるために決して充分な知識を得られるわけではないこと、つまり、質的に「学習用辞書の暗記」とはまったく比較にならないボキャビルであること

② 『 JACET 8000 英単語』は最高位の「Level 8」を「日本人英語学習の最終目標」と定義していることを誤解しないこと。つまり、指定の8000語を習得すれば普通の英語の語彙には不自由しないと勘違いしないこと。95%という数字は「何とか理解できる」レヴェルを示し「楽に理解できる」レヴェルは98%以上であって、3%の差が巨大な壁であること。

『 JACET 8000 英単語』の暗記はたいへん有益であることは確かですが、それだけで完成だと誤解してしまうと8000語自体についての知識も非常に不十分なままになるし、語彙数も低レヴェルに終わってしまうということです。

① や ② に関連することは「アンチ・バベルの塔」で何度となく主張してきたことですが、ここでまたしつこく念をおすことになります。

詳細については( http://www5d.biglobe.ne.jp/~chujo/data/jaces.pdf )や私の記事「語彙無知の壁(1~6)」の記述をぜひすべてお読みください。

続く...

|

« 絶対必要な英単語6000語(307/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(308/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/6929151

Listed below are links to weblogs that reference 『JACET8000英単語』について:その2:

« 絶対必要な英単語6000語(307/365) | Main | 絶対必要な英単語6000語(308/365) »