« 英語学習法(26)その1 | Main | 絶対必要な英単語6000語(333/365) »

絶対必要な英単語6000語(332/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5354 thin-skinned

5355 thing

5356 think

5357 third

5358 third person

5359 thirst

5360 thirteen

5361 thirty

5362 this

5363 thorn

5364 thorough (発音注意)

5365 thoroughfare

5366 those

5367 though

5368 thought ( N )

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その217

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

In the early days of a happy marriage most men feel no need of excitement, but in the modern world marriage often has to be postponed for such a long time that when at last it becomes financially possible excitement has become a habit which can only be kept at bay for a short time.

幸福な結婚の初期のころ ほとんどの人は興奮の必要性をまったく感じない、しかし、現代世界においては 結婚はしばしばあまりにも長く延期されざるを得ない だから それがついに財政的に可能になるときには 興奮はなっている ひとつの習慣 which can only 遠ざけておく 短期間

( 新婚で幸せなら興奮の必要性などまったく感じない。しかし、今やどんどん晩婚化して、ようやく結婚資金ができるころには興奮はもう癖になっていて、やめてもすぐに元の木阿弥である )

続く.

|

« 英語学習法(26)その1 | Main | 絶対必要な英単語6000語(333/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7405253

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(332/365):

« 英語学習法(26)その1 | Main | 絶対必要な英単語6000語(333/365) »