« 英語学習法(26)その2 | Main | 英語学習法(26)その3 »

絶対必要な英単語6000語(334/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5369 thousand

5370 thrash

5371 thread

5372 threat

5373 three

5374 threshold

5375 thrift

5376 thrill

5377 thrive

5378 throat

5379 throb

5380 throne

5381 throng

5382 through

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その218

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

If public opinion allowed men to marry at twenty-one without incurring the financial burdens at present involved in matrimony, many men would never get into the way of demanding pleasures as fatiguing as their work.

もし世論が男性に結婚することを許すなら 21歳で 財政負担を背負い込まずに 現在は結婚に伴っている、 多くの男性は決して~を必要とするようにはならないだろう 娯楽 彼らの仕事と同じように疲れる

( 多くの男性は、現行の結婚に伴う経済的負担なしに21歳で結婚できるような世相であれば、仕事に劣らず疲れる娯楽など決して求めたりしないだろう )

続く.

|

« 英語学習法(26)その2 | Main | 英語学習法(26)その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7419358

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(334/365):

« 英語学習法(26)その2 | Main | 英語学習法(26)その3 »