« 脳科学から見た英語上達法(1) | Main | 脳科学から見た英語上達法(2) »

絶対必要な英単語6000語(339/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5445 ton

5446 tone

5447 tongue

5448 tonight

5449 too

5450 tool

5451 tooth

5452 toothpaste

5453 toothpick

5454 top

5455 topic

5456 torch

5457 torment

5458 tornado

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その223

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

In such a situation the only thing that a prudent man can do is to ration himself, and not to allow himself such an amount of fatiguing pleasure as will undermine his health or interfere with his work.

こんな状況下で 冷静な男性ができる唯一のこと is 自分に制限を課すこと、and 自分に許さないこと such an 量 of 疲れる娯楽 as will 彼の健康を損なう or 彼の仕事のじゃまをする

( 冷静な男性にとってこんな状況で可能なことはただひとつ、節制し、娯楽で疲れて健康を損ねたり仕事に支障が出たりしないようにすることである )

続く.

|

« 脳科学から見た英語上達法(1) | Main | 脳科学から見た英語上達法(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7593851

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(339/365):

« 脳科学から見た英語上達法(1) | Main | 脳科学から見た英語上達法(2) »