« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合)続 | Main | 英語学習法(28) »

漫画 『ドラゴン桜(ざくら)』・続   

読売新聞の記事を転写しておきます。

漫画が現実の受験生に小さからぬ影響を与えたとしたら面白い現象です。

あの漫画に刺激されて何人かの生徒が実際に東大に入学することになればまた記事になるかもしれません。

東大受験には届かなくても、学力がうんと伸びたとしたら、受験界の明るい話題になるかもしれません。

中卒で「極道の妻」であった大平光代さんが司法試験に合格したようなドラマの舞台が設定されているのかもしれません。

実際にはまともに取り組みもしないで「暗記は苦手だ」なんて言ってる受験生に、暗記の意外なおもしろさと大きな効果を感じさせることができたかもしれません。

もしそうなれば、あの漫画が若者に新たな自己発見のチャンスを与えたことになる。

とにかく、受験勉強をユニークなメスさばきで解剖して見せた 『ドラゴン桜』 は、「うんっ、ひょっとしたらそうかもしれないなあ」という学習法の秘訣をあるいはブレイクスルーの可能性を1部の受験生に与えたことは想像に難くない。

-------------------------

東大人気「ドラゴン桜」が一役?志願者2割増(読売新聞)

 来年の大学受験に向け、東京大学を目指す志願者が前年より2割程度増えている。東大が今年初めて大学説明会を開くなど積極的に情報発信をしていることも一因だが、受験関係者などの間でささやかれているのが、東大受験に挑む非進学校の生徒を描いた漫画「ドラゴン桜」の影響だ。

 駿台予備学校が11月に実施した東大入試実戦模試の受験者数は前年より20%増加。代々木ゼミナールの東大入試プレテストは前年比9%増、河合塾の「東大即応オープン」も前年比23・6%増で、予備校関係者は、近年になく東大志望者が増えていると見ている。

 こうした「東大人気」について、河合塾進学事業推進部の藤橋研二チーフは〈1〉少子化による「大学全入時代」に向け、受験生の上昇志向が高まっている〈2〉東大が説明会を始めるなどPRに乗り出した――などをまず指摘する。それに加えて無視できない要因として挙げるのが、漫画「ドラゴン桜」の影響だ。

 「ドラゴン桜」は週刊モーニング(講談社)連載の人気コミックで、元暴走族の貧乏弁護士が、倒産寸前の私立高校をエリート校に生まれ変わらせるため、偏差値30台の高校生たちに東大受験テクニックを伝授するというお話。カリスマ教師が説く独特の勉強法が話題となり、今年TBS系でドラマ化もされた。

[読売新聞社:2005年12月25日 10時36分]

-------------------------

Chance your arm !

|

« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合)続 | Main | 英語学習法(28) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7819806

Listed below are links to weblogs that reference 漫画 『ドラゴン桜(ざくら)』・続   :

» ドラゴン桜(三田紀房)が一役?東大志願者2割増 [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
「ドラゴン桜(三田紀房)が一役?東大志願者2割増」に関連するブログ記事から興味... [Read More]

Tracked on December 26, 2005 at 08:40 AM

« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合)続 | Main | 英語学習法(28) »