« 生と死 | Main | 絶対必要な英単語6000語(338/365) »

言葉の力と「アンチ・バベルの塔」(1)

読売新聞(2005年12月10日・朝刊)の<PRのページ>に、「活字文化 公開講座 in 東海大学」の記事があり、タイトルは「混沌を整理する言葉と物語」。

その基調講演を作家・劇作家・井上ひさしさんが行っている。

----------------------

題目は「言葉の力

(転載開始)太字k.y.

 まず、我々人間はどのように言葉を獲得していくかということをお話しする。

 人間の脳だけ、誕生してから大人になるまでに3倍から4倍に成長する。その理由を学者は競って研究してきた。

 昭和30年代にNHKが10人の赤ちゃんの言葉を5年間追跡して「言葉の誕生」という番組を作った。

 それによると、幼時が一番見ているのはお母さんの顔、特に舌の動きだ。そして、母親の発音を聞いて母音を覚えていく。10ヶ月目ぐらいからアーアーウーウー言い出し、言葉を習得していく

 3歳くらいには3000から5000くらいに増え、区切るということを覚える。おんもとおうち、自分とお母さんというように。これが1回目の言葉の爆発期だ。

 2回目は、接続詞を覚え頭の中に文法書が完成して考えることができるようになる小学校に入る前

 中学校の1,2年生のころにもう一度、脳が発達して、10万、20万にも語彙が膨大になる。そして、銀河系があり、地球があり、日本があるというように、いろいろな言葉を瞬間に並べ替え、体系付ける。
no

 脳の成長と同時に人間は言葉の力を身につけていくのだ。言葉が人を育てる。他のものでは育たない。言葉の力は世界観をどう持つかということだ。辞書や、それぞれの脳の中の文法書によって世界像をどう描き、自分はそれにどう立ち向かうか、どう乗り越えるかということを言葉で判断していくのだ。

 実は一方で、言葉を徹底的に悪く活用する人たちがいっぱいいる。古今和歌集の序に、五・七・五・七・七というたったこれだけの言葉で、天を動かし地を揺るがすくらいの力がある、と書いてある。

 昔から言葉の力に気がついていた人たちがいて、現在までそれが連綿と続いている。一番有名な例はヒットラーだ。「生存」と「圏」というどこにでもある言葉を2つくっつけて「生存圏」という言葉を作った瞬間に、ドイツ国民が生きて行くにはこの範囲が必要だという意味をくっつけてしまうのだ。ドイツ国民は、この生存圏を確保しないと生きていけないと思いこみ、賛成していった。

 このごろ、テレビの日本語バラエティーで「知っている」「知らない」を競う番組が多いが、情報だけ知っていても何にもならない。情報から知識をつくり、知識を集めてそこから知恵を作っていかなければならない

 皆さんもだれか偉い人がぽんと取り出す言葉は、いったんまゆつばだと考え、その中身は何かと検討してから動いてください。

(転載終止)

-------------------------

さすが、「言葉の匠・井上ひさし」だと思った。言葉の生成・発達・役割を要約して過不足がない。言葉を軸にした人の成長が活写されている。

井上さんが語っているのはもちろん母語の場合であるから、赤ちゃんのときから母語が完成して成人になるまで、時間的スパンは20年ほどである。つまり、脳や肉体の完成と母語の完成はほぼパラレルだということになる。

母語は、3回(3歳前後、6歳前後、13歳前後)の言葉の爆発期を経て、20年ほどかけて熟成されていく。

なお、井上さんが言及する10万~20万の語彙数は「1つの単語に1つか2つの意味」をひとつの語彙単位とする数字ではない。多義語・熟語・スラングその他の語句を含む数であり、たとえば学習用英英辞典の 『Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English 第7版 』 の総語彙数・18万3500にほぼ相当する数字である。

この10万~20万は、英語の単語帳のような「ひとつの英単語にひとつかふたつの日本語の意味」という単純で限られた理解をはるかに超えた習熟を前提とする数字であるから、単純に数だけを比較すると大きな誤解になる。日本人が日本語の単語をひとつ知っていると言う場合と日本人が英語の単語をひとつ知っているという場合では、同じひとつであってもまったく質が異なる。

さて、日本人の英語学習には3つの語彙爆発期はない。

しかし、英語学習の開始時期が母語の文法が完成する時期だから、英語の文法は論理的に学ぶことができる。その結果、母語の場合13年ほどかかって完成する基本文法も、英語なら2~3年で習得することができる。一挙に10年も習得期間を縮小できるのだ。

音声に関しても指導が適切であれば1~2年でマスター可能である。

問題は語彙の習得である。

外国語である英語の場合、語彙の自然な爆発期は絶対にない

爆発は人為的に発生させる必要がある。

その人為的な爆発は、母語に比較すれば極めて小規模であるが、大学受験勉強期に1回だけある。その後も、英検やTOEICなどを受験する人の場合は、あと数回小爆発がある。

ただし、この人為的な小爆発を繰り返して得られる語彙数はせいぜい1万語内外に過ぎない。また、この1万語が2万語以上の総語彙数に匹敵する質のものではなく、非常に非力で応用力に欠け、読書も十分にはできない程度のものである。

いろいろな語彙強化論も有意味な語彙強化に結びつかないものばかりである。いつまでたっても知らない語彙が続出する。うっかりすると一生絵本や児童書ばかり読んで過ごすことになる。

そんなことになる原因はハッキリしている。

母語の語彙は大爆発を3回も繰り返しその他の時期も絶えず語彙を補強して20年もかけて完成する」というまぎれもない事実をアッケラカンと無視しているからである。

20年と言えば毎日11時間英語に接するとして約8万時間である。一方、普通の日本人が大学までに受ける英語の時間数は実質800時間(行事や居眠りやムダ話などを除いた時間数)。だから、前にも言ったとおり、20歳までに英語に接する時間は100分の1(しかも音声は無視される).

従来、数万語の高質語彙を獲得する実証済みの方法は文字通り皆無であった。100分の1という巨大な壁(=語彙無知の壁)を突破するツールは手に入らなかった。

そこで、私は、人為的に大爆発を起こす装置・「アンチ・バベルの塔」を考案した。

この塔は、2006年3~4月の完成(工期2年6ヶ月)を目指して、すでに残り10%の工期を残すのみとなっている。

総時間数4500時間におよぶ大実験が最終局面に突入している。感慨ひとしおである!


 

|

« 生と死 | Main | 絶対必要な英単語6000語(338/365) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7555513

Listed below are links to weblogs that reference 言葉の力と「アンチ・バベルの塔」(1):

« 生と死 | Main | 絶対必要な英単語6000語(338/365) »