« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合) | Main | 漫画 『ドラゴン桜(ざくら)』・続    »

中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合)続

Kim-N3 さん、お久しぶりです。

いつも「アンチ・バベルの塔」にお寄りいただきありがとうございます。

昨年の8月に 『Random House Webster's Intermediate English Dictionary』 の暗記を終えてからこのブログを書きはじめてほぼ16ヶ月になります。

来年の3月末に遅くても6月末には「アンチ・バベルの塔」を完成させるべくまだまだがんばりたいと思っています。

> ただ肝心のカードの製作は少し停滞気味、それでも細々とは続けております。

そうですか! 続ける方はほんとうに稀!ですが、すばらしい可能性を秘めた作業だと思います。密かに応援しています。

> 実は我が家の次男にもこの冬休みに1級対策の勉強をするように先日勧めたところでした。彼が通う日本人学校(土曜日)のクラスメートに去年合格したお子さんがいるのを知りお母様に聞いたところ、筆記さえ受かれば2次は大抵問題ない、とのことでした。その後息子はディベートに参加し始めるなど、受験してもいいかもしれない、とこちらが思うようになった次第です・・・やはり語彙の足りない事がはっきり判ると同時にやはりこちらの14歳の語彙を超えたものがでていることがよく分かりました・・・彼もようやく地道に単語を調べて覚える作業を始めたところです・・・

貴重なニュースをありがとうございます。やっぱり、2次は圧倒的に、当然の事ながら、有利ですね。お子さんの場合語彙数自体はかなりの大きさに達しているはずですが抽象的な語彙はまだこれからですね。読書の多寡や関心のあるジャンルによっても語彙に差が出てくる時期で、ご父兄の影響も大きいでしょう。

> イギリスの中学では日本でいう義務教育最後の歳に大きな試験があります。科目の選択はありますが、やはり英語・数学・理科は必須で、おもしろいのは将来の職業選択を絡めて科目が選択できることです。キャリアライブラリーというのがあって、そこで職業検索すると、どの科目が必須でその仕事の詳細・年収などが一目瞭然だとか。やはり弁護士・会計士・医者・IT関係など専門職で高収入な職業が人気だそうです・・・。

日本も個人の知的武装が従来にもまして意味を持つ時代に移行しつつあるように感じます。ヨーロッパのようにあからさまな階級意識はありませんが知的デヴァイドは拡大しています。

> 2006年は息子達のことばかりでなく、彼らに負けないようしっかり語彙習得に励めれば、と思っております。

勉強は楽しいものです。家族みんなして楽しめれば最高です。

Merry Christmas and Happy New Year to you all !

Thank you.

k.y.

|

« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合) | Main | 漫画 『ドラゴン桜(ざくら)』・続    »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/7813460

Listed below are links to weblogs that reference 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合)続:

« 中学1年生の少女英検1級合格(続・帰国子女の場合) | Main | 漫画 『ドラゴン桜(ざくら)』・続    »