« 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(6) | Main | 「才能」(28) »

絶対必要な英単語6000語(356/365)

どこから始めてもかまいませんが、1/365 とか 2/365 とかいう番号だけはどこかに記入しておきましょう。どの部分をやったかあとで分からなくなるからです。

あれこれ覚え方を工夫する暇があるなら、とりあえず「アンチ・バベルの塔方式」で、ひとつでも単語を覚えた方が早いです。

知っていると思っていても、こんな超基本語にはいろいろな、あるいは、意外な意味があることが多いですから ― 時間がある人は ― この際ていねいにチェックした方がいいです。

いやになったら、やった分だけでも無駄にしたくないですから、復習だけすればいいですよ! 

なお、派生語 / 熟語 / 連語、その他関連語も辞書に記載がある限り、チェックしておきましょう。

さあ、今日の語彙です。

5773 wall

5774 wallet

5775 wallpaper

5776 Wall Street

5777 walnut

5778 wander

5779 want

5780 war

5781 ward

5782 warden

5783 wardrobe

5784 ware

5785 warehouse

5786 warm

5787 warm-blooded

5788 warm-hearted

5789 warn

5790 warp

5791 warrant

5792 warrant officer

5793 warrior

5794 wary

5795 wash

5796 washed-out

5797 wasp

5798 waste

5799 watch

もし知らない単語があれば英和辞典で調べて必ず―できるだけアンチ・バベルの塔方式で―覚えていきましょう。

超常識単語ですから、屁理屈をつけず無条件に覚えることが肝心です。

(番号等についてご注意ください: 注意はしますが、スペルや番号その他のミスをしてもチェックする時間がありませんのでご容赦ください。お手数ですがお知らせいただければ訂正いたします。)


バートランドラッセルの幸福論 その240

(下記のように区切りながら確認すると文章の構文がはっきりして文全体を覚えやすくなります)

Envy is the basis of democracy. Heraclites asserts that the citizens of Ephesus ought all to be hanged because they said, 'there shall be none first among us'.

妬みは民主主義の基礎である。ヘラクレイトスは力説する that エフェソスの市民は全員絞首刑にされるべきである because 彼らは言った、「there shall be none 一番 我々の間に 」

( 妬みは民主主義の基礎である。ヘラクレイトスは ― エフェソスの市民は、「我々のだれひとり一番であってはならない」と言うのだから、全員絞首刑に処すべきである ― と力説している )

続く.

|

« 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(6) | Main | 「才能」(28) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/8240480

Listed below are links to weblogs that reference 絶対必要な英単語6000語(356/365):

« 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(6) | Main | 「才能」(28) »