« コメントにお答えする(3/2006) | Main | 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(5) »

未知語の確定・固定

「アンチ・バベルの塔」の建設は、何回か述べましたように、次の2つの段階からなっています。

① 学習用(英英)辞典による「未知語の確定と固定」

② 固定された語彙の暗記

○ 一般のボキャビル論で、①の概念は存在せず、従って検討されることもありません。

なぜか?

一般のボキャビル論には、「必要十分な語彙数」という観点が欠如しているからです。

従って、市販のボキャビル本は、たいてい、『○○△△語』というようなタイトルになっています。○○のところに入るのは、たとえば、「大学入試」であったり「TOEIC」であったり「必須」であったりします。△△のところには数字が入って、たとえば「1900」であったり「3000」であったり「8000」であったりします。これは内外のボキャビル本を通じて共通です。

ところが、実際には、人が使う語彙数(=必要十分な語彙数)には明らかに上限があります

その数は、「アンチ・バベルの塔」の経験によれば、上級学習(英英)辞典の語彙数 = 「見出語数10万・総語彙数(単語・イディオム・スラング・その他の語彙)20万」ぐらいになります。

そのあたりで、日本語でも知らない語彙が出てきたり、ネイティヴ用の語彙クイズでも上位の成績が出たり、ものを読んでも日本語の場合と同じように読めたりして、上限であることを実感するようになります。

つまり、上級学習(英英)辞典の語彙数が必要十分な語彙数であることが判明します。

その必要十分な語彙力があれば、普通の新聞・雑誌・小説を読むのに不便を感じることはありません。日本語で普通の新聞・雑誌・小説を読むのに不便を感じることがないのと同じです。

ただし、たとえば、クロスワードパズルのマニアだけが知っている語彙や、その他の専門語・業界用語などは、別です。

ちなみに、ネイティヴの最小~標準総語彙数は3~5万語であるように思われ、これは、中級学習(英英)辞典の総語彙数に相当します。

○ 「必要十分な語彙数」という観点の欠如に起因するとんでもない暴論や素朴な誤解については今まで何度も触れてきましたが、①に関しては、他所ではまったく議論されていなかったこともあり、あまり述べたことがありませんでした。

しかし、①はボキャビルをする以上無視してはいけないことだと思います。

なぜなら、学習辞書から、自分自身の未知語を探して確定し、それをカードに転写して固定すれば、あとはその語彙を覚える度合いに応じて、必要語彙数に至るまでの、自分の語彙レヴェルを認識することが可能になるからです。

音声・文法・構文を習得しているのに、英語の力がなかなか伸びないとしたら、その最大の原因は ― 自分の日本語での語彙・教養・思考力を別にすれば ― 「語彙無知の壁」です

私は今これだけの語彙を知っているが、それは必要十分な語彙数の○○%で、あとこれだけの語彙数が不足している」というはっきりした数字を知れば、自分のレヴェルを客観的に把握できます。

そんな指標は ① を無視する限り永久に分からないままです。自分の位置も分からず、いくら「いわゆる多読」などを続行しても、停滞気分を脱することができないまま生涯を過ごすことになります。

①を実行すれば、精神衛生上も非常によろしい。停滞していても「ああ、10%だからなあ」というふうに、納得できます。あるいは、急には無理でも、自分のペースで5~10~20年計画で「必要十分な数」に向けて歩みを続けることもできます。

① は、各自の「語彙無知の壁」の厚さを正確に知る最も有効な手段なのです。

追記:① の作業の結果得られる未知語彙数にほぼ近い数字を得られるようなソフトがあれば便利ですね。「必要語彙数中の自分の未知語彙比率」だけでも自動的に算出できれば、自分のレヴェルがかなりはっきり分かるからです。


|

« コメントにお答えする(3/2006) | Main | 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/8193683

Listed below are links to weblogs that reference 未知語の確定・固定:

« コメントにお答えする(3/2006) | Main | 小学生を元気にする達人・陰山英男先生(5) »