« 英語学習法(29)その3 | Main | 英語学習法(29)その4 »

英語の語彙:雑談(26)

イーディックより

one of those days

ついてない日,何をやってもだめな日,厄日(やくび)」

I'm afraid it's one of those days.(なんだか,きょうはついてない日みたいだ)

When I woke up late and then burned the toast, I knew it was going to be one of those days.(朝寝坊した上にトーストを焦がしてしまったとき,きょうは何をやってもだめな日になると分かった)


That'll be the day!

まさか(そんなことになりっこない)!このthe dayは「すばらしい日」。文字どおりには、「それがその日だ」「それはさぞかしすばらしい日だろう!」の意である。

Only one more year until I get out of the army. Ahh, that'll be the day!(除隊までわずかあと1年。ああ待ち遠しい!)のように、実現することが確実なことについては、本来の意味で使うこともある。

ただし、この表現のこうした肯定的な使い方はむしろまれである。

ふつうは、A: Goro says he's decided to get up at five o'clock every morning and study English. B: Hah! That'll be the day!(A「ゴローは毎朝5時に起きて英語を勉強することに決めたと言っているよ」B「ふん、まさか!」)のように、「(それはさぞかしすばらしい日だろう、だが)そんな日は来るはずがない」と、反語的に痛烈な皮肉として用いる

A: Maybe the boss will give you a big raise. B: Ha! That'll be the day!(A「ひょっとすると、社長はきみに大幅な昇給をしてくれるかもね」B「へっ! まさか!」)。

A: I hear that Japan is going to lift all import restrictions. B: That'll be the day!(A「日本はすべての輸入規制を撤廃すると聞いているけど」B「まさか、そうなるはずがないよ!」)。[言い換え]I'll believe that only when I see it [when it happens]./It'll never happen./Impossible!

|

« 英語学習法(29)その3 | Main | 英語学習法(29)その4 »

Comments

BNC(British National Corpus)を利用した語彙ツールを作成しました。
ご興味があればごらんください。
http://www.geocities.jp/yellowsubmarine0825/

<内容>
・エクセル用の関数dll (使用例つき)
・PdicWin用辞書
・テキストデータ
です。

<特徴>
14万語までの単語が登録されています。
①単語の使用頻度順位、使用割合(1億語中の頻度)がわかります。
②品詞、5万語レベル英和辞典に乗っているかどうか。
③1000語、4000語、7000語レベルのマーカーがあります。

Posted by: sd | January 06, 2006 at 12:41 AM

sdです。

「英文学を読むための必要語彙」
をアップしました。
http://www.geocities.jp/yellowsubmarine0825/

やはり「アンチ・バベルの塔」さんのおっしゃるとおり、最低でも40~60千語は必要な様です。

Posted by: sd | January 06, 2006 at 09:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/8015855

Listed below are links to weblogs that reference 英語の語彙:雑談(26):

« 英語学習法(29)その3 | Main | 英語学習法(29)その4 »