« 絶対必要な英単語6000語(361/365) | Main | コメントにお答えする(6/2006) »

現実的な語彙強化(3)

今回から、前回までに掲げた目標を達成するための手段として「辞書暗記」を取り上げます。

「辞書暗記」の具体的な方法として「アンチ・バベルの塔」を採用します。この「塔」方式は、ただのアイデアではなく、すでに実証済みの非常に有効な方法です。

その有効度と実際のやり方はすでに詳細に説明済みですから省略します。

私の経験によると、「アンチ・バベルの塔」方式で1時間に暗記可能な語彙数は4個程度です。つまり、暗記速度は、「①時速・4語彙」です。

この暗記速度と市販の単純な単語帳を暗記する速度を比較しないようにしてください。「アンチ・バベルの塔」は、各自独自に作成する徹底して個人的な創作物で、極度の独自性に大きな価値のある単語帳であり、また、その暗記速度は、単に暗記に要する時間だけではなく、1連の作業に要する時間も含む数値ですから、目の前にあるものを直ちに暗記していく場合の速度と比較することは不可能です。

ネイティヴ・スピーカーは、18歳になるまでだいたい90分に1個の割合で語彙を覚えていきます。したがって、ネイティヴの暗記速度は「②時速・0.6語彙」。

①は②の6倍。いずれもきわめて大雑把な計算で、個人差もたいへん大きいですから、あまり参考になりませんが、無意識の暗記よりかなり効率が高いことは確かです。

だいたいの暗記速度の他に、自分の現行の語彙力を承知しておいたほうがいいです。そうしないといったいどれほどの時間が必要なのか見当もつかないからです。

自分の現行・総語彙数を知る最も簡単な方法は、「上級学習英英辞典=ネイティヴ・スピーカーの語彙の上限」の見出し語および準見出し語を50ページほどチェックして既知語彙の数を合計し、たとえば2000ページの辞書であれば、その合計数字×40倍で計算することです。4分の1ページぐらいチェックすればもっと正確な既知語彙数が判明します。10%の既知語彙率の場合、認識語彙だけに限れば、ネイティヴ・スピーカーの10分の1の語彙力だという大雑把な判断ができます。

ただし、「上級学習英英辞典」の語彙レヴェルは教養あるネイティヴ・スピーカーの語彙レヴェルに相当しますから、普通のネイティヴ・スピーカーの語彙レヴェルに対する自分の現行・既知語彙率を知りたい場合は、「中級学習英英辞典」をチェックすればOKです。

目標レヴェルは、先にも述べましたように、普通で充分ですが、上限レヴェルに対する自分の現行ポジションを知っておくのもおもしろいと思います。

限りある人生ですから、現在位置も不明で目標地点も分からずコンパスもない状態で語彙の無限宇宙をさまよう(たとえば多読で語彙強化を図る)のは決して賢明な策ではないことを意識しておくべきです。

|

« 絶対必要な英単語6000語(361/365) | Main | コメントにお答えする(6/2006) »

Comments

ドナルド・キーン(4)のところでコメントを書かせていただきました、marinoです。
可能でしたらば、k.y.さんのお返事が欲しいのですが、よろしくお願いいたします。
今、辞書を選ぶ段階で迷っています。

Posted by: marino | February 28, 2006 at 07:05 PM

sdです。

質問があります。

『私の経験によると、「アンチ・バベルの塔」方式で1時間に暗記可能な語彙数は4個程度です。つまり、暗記速度は、「①時速・4語彙」です。』
と述べられていますが、
この「暗記」とは どの程度の記憶保持のことを指しておられるでしょうか?

良く知られているように記憶は時間とともに忘却していきます。
1日保持出来る程度の記憶?
1月? 1年?
ひょっとして10年以上??

どの程度の期間保持できるかというのは
その為に必要な練習時間(&方法)
に大きな影響を与えますので。

Posted by: sd | March 01, 2006 at 08:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/8862120

Listed below are links to weblogs that reference 現実的な語彙強化(3):

« 絶対必要な英単語6000語(361/365) | Main | コメントにお答えする(6/2006) »