« 現実的な語彙強化(9) | Main | 英語の語彙:雑談(33) »

現実的な語彙強化(10)

「アンチ・バベルの塔」の前提として、「英語の力=語彙力」だという認識があります

ところが、この考え方に反対する人、時には猛烈に反対する人がいます。

反対する人は2種類のグループに分かれます。

① まず、母語の日本語の語彙がそれなりに控えめな水準にとどまりかつそのことに不満を感じていないグループの人たちです。当然、英語の語彙強化にもほとんど関心がありません。「なんで、そんなに単語ばかり覚えるの?」ということになります。充分間に合ってるよというわけです。そして、ほんとうに間に合っているわけですから、反対するのも当然です。

② 次に、特に猛烈に反対する人たちは、英語の語彙強化に失敗した経験を持つグループで、日本語の語彙力はかなり高い人たちです。得意な日本語を駆使して「英語力=語彙力ではない」と強く反論します。その反面、多様な反論を可能にしている日本語の語彙の豊かさには気づいていません。つまり、言いたいことを言うためには高い語彙力が必要であることに気づいていないのです。「やさしいものをたくさん」というようなスローガンに安住のスタンスを見出すのもこうしたグループです。しかし、こんな人たちは、日本語では決して「やさしいもの=子供用の読み物」ばかりたくさん読んだりはしません。英語でもTIMEと格闘しているのが実際の姿です。かくして、大きな矛盾を抱えながら生涯をすごします。なぜもっと「現実的な語彙強化」をしないのでしょうか?

私は、「言語の力=語彙力である」ということを疑うことができません。やさしいものももちろん読みますが、日本語で読むようなものならすべて英語でも読みたい。そのためには充分な英語の語彙力が必要だということを疑うことができません。永久に「やさしいものをたくさん」読むことに耐えられません。

|

« 現実的な語彙強化(9) | Main | 英語の語彙:雑談(33) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/9107104

Listed below are links to weblogs that reference 現実的な語彙強化(10):

« 現実的な語彙強化(9) | Main | 英語の語彙:雑談(33) »