« 現実的な語彙強化(14) | Main | 現実的な語彙強化(16) »

現実的な語彙強化(15)

『日本語力と英語力(齋藤孝+斎藤兆史)』 という本によると東大生は次の英文(『武士道』より)を理解できないそうです。

The discipline of fortitude on the one hand, inculcating endurance without a groan, and the teaching of politeness on the other, requiring us not to mar the pleasure of serenity of another by expressions of our own sorrow or pain, combined to engender a stoical turn of mind, and eventually to confirm it into a national trait of apparent stoicism. I say apparent stoicism, because I do not believe that true stoicism can ever become the characteristic of a whole nation, and also because some of our national manners and customs may seem to a foreign observer heard-hearted. Yet we are really as susceptible to tender emotion as any race under the sky.

そして、2人のサイトウさんは、次のように対談しています(1部引用):

----------------------

 私は、「英語ができる・できない」は、英文の読解力のあるなしによるものだと思っていました。つまり、英文を読んで、単語の一つひとつの意味をとらえ、文法に従ってつながりを解き明かし、どういうことが書かれているかきちんとその意味内容を説明できるのが「英語ができる」人であり、説明できないのが「英語ができない」人であると。

兆史 異文化が交錯している状況のもと、英語の文章を理解して日本語に置き換えることができなければ、日本人が英語を学ぶ意味はないですよ。ところが、英文解釈のテストで英語能力を判断するやり方自体が、もう「古い」と言われます。

 そうすると、ちゃんとした英語の本が読めないということですね。でも、向こうの知識人の書いたものを読めるというだけで、実はすごいことですよ。まあ、欧米の小学校低学年レベルの会話ができれば満足だというなら、それでもいいですが。

兆史 それだと志が低すぎますね。
 また、新渡戸稲造の例をあげると、彼は 『武士道』 (Bushido, the Soul of Japan) という本を格調高い美文調の英文で書いています。「昔の人はこういうものを書いていたんだよ」と授業で紹介すると、学生たちはショックを受けます。英語のレベルが高すぎて読めない。まあ、英文のレベルが高いと判断できただけでも、よしとしてあげてもいいのですが、明治時代にそんな高度な英文の本を書いた日本人がいたことに驚くのです。ところが、それほど見事な英文を書く新渡戸や、彼の本をすらすらと読める人間より、流暢に話す帰国生のほうがかっこいいと思わせてしまうのが今の英語教育です。

 読めない、書けない、だけど話はできる ― 日本はこの方向を選択したわけですね。

兆史 そういうことです。

-----------------------

ちゃんとした英文ならちゃんと解釈できるようになって初めて、英語の書いてあるあるいは聞こえてくるそのままにに、いちいち日本語に訳さなくても、理解できるようになります。英文解釈の訓練をしないと生涯分からないまままたは分かったつもりのままですごすことになる。

上記の英文も、あたりまえですが、高校で学習する英語の構文にそのまま従った文章で誤解のしようがない構造です。語彙も学習辞典のレベルに完全に収まっています。大学生であれば学習辞書さえ引けば分かるはずです。分からないとすれば構文の知識がないからです。

こんな人たちが高校の先生になったら、またまた、「やさしいものをたくさん分からない単語はとばして多読」説がはびこることになります。

「辞書暗記」などとんでもないということになります。

|

« 現実的な語彙強化(14) | Main | 現実的な語彙強化(16) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/9182813

Listed below are links to weblogs that reference 現実的な語彙強化(15):

« 現実的な語彙強化(14) | Main | 現実的な語彙強化(16) »