« コメントにお答えする(6/2006) | Main | 現実的な語彙強化(21) »

読書とボキャビルその他

英語の読書やボキャビルに関する問題点(だと私が考えるもの)

① 必要語彙数に関する誤解があること。英語の必要語彙数は母語の日本語の語彙数(5万語前後)の数分の1で充分であるという誤解があること。

総語彙数として「学習(英英)辞典」ベースで総語彙数10万語(見出し語彙数ではない)は当たり前に必要な語彙数。できれば、「上級学習(英英)辞典」の総語彙数(15~20万語)を目標としたい。

② SSS多読などで用いられる「多読」とネイティヴ・スピーカーがいう「多読」を混同する誤解があること。ネイティヴ・スピーカーが多読という場合、年間数10冊~100冊あるいはそれ以上の読書量を意味します。生涯に読む冊数は数千冊になり、特に多い人は1万冊を超えます。また、分からないところはどんどんすっ飛ばして読むような行為をネイティヴ・スピーカーは読書だとは思わないしそんなこともしません。

また、ネイティヴ・スピーカーの場合は、教育途上で要求される読書量だけでも日本の英語学習者とは桁違いです。

③ SSS多読法などでボキャビルを兼ねている人たちは、明確な必要語彙数を認識していないし、何冊読めば(あるいは何時間費やせば)どれだけの語彙を獲得できるのかという計算もまったくしないこと。目標語彙数の設定やその目標達成に必要な時間数の計算のないボキャビルは目標も終わりもない旅です。読書に終わりはありませんが、ボキャビルには終わりがあります。意識的なボキャビルは一般常識として必要な語彙の獲得で終わりになります。その後は、英語を読んだり聴いたりしながら、日本語の語彙が増えるごとく英語の語彙も増えていきます。

④ ネイティヴ・スピーカーのボキャビルと英語学習者のボキャビルを混同する誤解があること。ネイティヴ・スピーカーでボキャビルをするような人の語彙数はボキャビルを開始する時点で、少なく見積もっても、既に3万語を超えています。ところが、日本人が英語のボキャビルをする場合、その3万語に到達できることさえ極めて稀です。3万語からスタートするボキャビルとその3万語にさえはるかに届かないボキャビルはまったく異質です。

ネイティヴ用のボキャビル本を利用することは、1部の人たちにとっては賢明な方法ですが、それを完全に学習してもネイティヴと同様のボキャビル効果はありません。ネイティヴ・スピーカの場合は少なくとも3万語ぐらいのしっかりした土台があるのに対し、英語学習者はせいぜい1万語ぐらいのしかも非常に皮相的な知識しかないからです。

現実的とはいえない語源活用論も、ネイティヴ・スピーカーのボキャビルと英語学習者のボキャビルを混同する誤解の結果でしょう。

英語の語彙は、全体を100とすると、ゲルマン系が35、ロマンス系が55、その他が10の構成になっているが、使用頻度数でみると、ゲルマン系が85%に達すると言われています。ネイティヴ・スピーカーの場合は、ボキャビル開始時点で、そのゲルマン系語彙の習得は既に終了しているわけですから、ゲルマン系以外の語彙の語源を活用する威力は日本人に比較すればはるかに大きいでしょう。他方、日本人の場合は、学習辞書の活用で常識語彙の獲得に必要な程度の語源学習は充分可能です。

追記: flatpickerさん、 yamasinaさん、 muket さん、ていねいなおたよりありがとうございました。記事の続編などにつきましては、気の向いたときに書き継ぐつもりですのでその旨よろしくご了解ください。みなさんの語彙強化の進化・深化を心から願っています。これからも、よろしくお願いします。

|

« コメントにお答えする(6/2006) | Main | 現実的な語彙強化(21) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/9521152

Listed below are links to weblogs that reference 読書とボキャビルその他:

« コメントにお答えする(6/2006) | Main | 現実的な語彙強化(21) »