« 『大聖堂』の原文(英文)と翻訳と語彙 (2) | Main | 英語通訳の極道 »

『大聖堂』の原文(英文)と翻訳と語彙 (3)

Ken Follett の大作 『The Pillars of the Earth - 大聖堂』 に関する話を続けます。(矢)=矢野浩三郎氏の翻訳・訳語。

無実なのに謀略の犠牲になった青年は哀感ただよう歌を、末期の歌を、美声にのせて歌います。彼は吟遊詩人のような人でしたから、詞を奏でるのはいわば生活の1部だった。

その歌も終わって、いよいよ死刑の執行です。州長官は、執行吏にうなずいて、刑の執行を促します。

原文: When the song ended the sheriff looked at the bailiff and nodded. The bailiff shouted “Hup!” and lashed the ox’s flank with a length of rope. The carter cracked his whip at the same time. The ox stepped forward, the prisoner standing in the cart staggered, the ox pulled the cart away, and the prisoner dropped into midair. The rope straightened and the thief’s neck broke with a snap.

(矢): 歌が終わり、州長官は執行吏を見やって、うなずいた。執行吏が「それっ!」と一声、手にした綱で牛の脇腹わきばらを打った。同時に、牛車引きが鞭むちを鳴らす。牛が歩き出し、車上の罪人がよろける。牛はそのまま車を曳ひいて進み、罪人は宙に放ほうり出された。縄がぴんと張りつめ、罪人の首の骨が折れる音がした。

例によって、原文・訳文ともに手練(てだれ)の業であって、凡庸とは程遠い。だから、夢中で速読するのも楽しいし、こうして精読するのも乙なもの。

各語彙や句読点が“Hup!” から死刑囚の死に至る4次元のプロセスをみごとに演出する、匠の精緻な仕事を存分に鑑賞することができる。

こんなふうに語彙を使いたい、ことばを操りたいと思う。

ふつふつと希望がわいてくる。

そんな充実感の背景には、長年の語彙蓄積がある。

英文を読むこと(多読+精読+リズム重視の音読)と平行してたゆまず続けてきた音声を伴う語彙強化がある。

妥協せずに、「アンチ・バベルの塔」を完成させたおかげである。

他愛もない自画自賛を嗤(わら)わば嗤え! 

しかし、あなたは何か著効のある学習法を実践していますか? 実績のないただの「優雅なアイデア」を買い続けていませんか? 市販のアイデアの追っかけを演じていませんか?

自分の方法を持っていますか?

ルービックキューブの世界王者になった林祐樹君は、キューブをいじくりまわしてひたすら色のパターンを覚えたそうです。パターンが分かると手が勝手に動き出すので、次のステップを常に考えながら回し続ける。そうするとスピードも上がるそうです。手指と頭脳が一体化した、感覚的で瞬時のアクションの連続だと述べています。

林君は、そんなルービックキューブの訓練を、「英単語を覚えるような暗記方法とは違う」と表現しています。

しかし、私の「アンチ・バベルの塔」は「林君のいう英単語の暗記法」ではありません。そんな方法では辞書暗記などできないでしょう。必ず挫折すると思います。

辞書をいじくりまわしてひたすら語彙の意味・パターンを覚える訓練です。そこで覚えたことは、同時に実行する(楽しむ)読書によって ― 自分なりにというどうしようもない限界(林君は神々しい!)はありますが ― さらに磨かれ強力になります。

「アンチ・バベルの塔」は「わが心の内なる大聖堂」でもあるのです。

追記:本文とは無関係ですが、http://www.youtube.com/watch?v=U-aryrGhpQE などもおもしろい。


|

« 『大聖堂』の原文(英文)と翻訳と語彙 (2) | Main | 英語通訳の極道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/10142058

Listed below are links to weblogs that reference 『大聖堂』の原文(英文)と翻訳と語彙 (3) :

« 『大聖堂』の原文(英文)と翻訳と語彙 (2) | Main | 英語通訳の極道 »