« Basic Word List と学習英和辞典 (14) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (15) »

学習時間の重要性・続

日本語は、気がついたらその中にいた私たちの母語です。

父母の、兄弟の、家族の、周囲の、テレビやラジオの、声を聞きながら、その声を言語だとも意識することなく、そして絶対に拒否することなくいやになることもなく毎日毎日、家でも学校でも夢の中でも反応し、自らも話し読み書き考え、怒りや悲しみや喜びや切なさや悔しさやありとあらゆる感情も託してきた言語です。

日本語がいやになるとか、それを拒否するとか、毎日はつらいからついつい避けるとか、そんなことはない。

母語に対する拒絶反応はない

各自に言葉の能力は千差万別だとはいえ、20~22歳に、各自なりに日本語が完成する。

生まれてから約8万~10万時間日本語と接してきた結果である。

ところが、英語はまったくことなる。

父母や、兄弟や、家族や、周囲や、テレビやラジオから、英語が当然のごとく聞こえてくるわけでもない。また、最初から、英語が言語(外国語)であることを強烈に意識し、拒絶したり、いやになったりするし、毎日接するわけでもないし、普段から論理や感情を英語に託すわけでもない。日本語では考えられない英検やらTOEICやらもある。ホームステイなんて奇妙な行事や小学校からチーチパッパがあったりする。

結果、10年間も学校で習ってかたことも満足にしゃべれないなどという不満が続出する。

しかし、肝心かなめのことに、ほとんどの(わが子の早期英語教育に夢を託したりする)人たちが気づいていない。

10年間も習ったというがぎゅっとつめると70日間(母語並みに毎日接する時間を10時間ぐらいとすると)ほどもしていない。

みんなが期待するような英語力を、70日や100日で(実際の英語自体の勉強は30日ぐらい)習得させることができたら奇跡でしょう。100%不可能です。

むしろ成果があがっている、いや(ゆとり教育の愚行の前は)あがっていたと言うべきでしょう

今から、目覚めましょう

たとえば『コウビルド英英辞典』2000ページの暗記に着手しましょう。

2000ページしかないんですよ。覚悟を決めて拒絶せずこつこつ10年間「アンチ・バベルの塔」を築き補修し磨いていけば、すばらしい成果に大満足しますよ。普通の人でも可能性の高い方法です。

それぐらいの期間をかければ「塔」ばかりに時間をとられることもない。英語で読書や映画や歌などもしっかり楽しんだらいい。そうすれば覚えた語彙も定着しやすい。

もちろん、人により、能力その他の事情によって、2~3年で『コウビルド英英辞典』2000ページ完走可能な場合も必ずあります。

ゆめゆめ、たったの70日間で何か相当なことが可能だなどと勘違いしないことです。そんなことは、天才をもってしても不可能です。

周りがいっこうに目覚めないから、私もしつこく同じことくりかえしてしまう(と思っている)。

実は、現実がわかっていないのは、私かもしれないのに・・・・・

追記: 参考に → http://oscar.lang.nagoya-u.ac.jp

|

« Basic Word List と学習英和辞典 (14) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/10600266

Listed below are links to weblogs that reference 学習時間の重要性・続:

« Basic Word List と学習英和辞典 (14) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (15) »