« Basic Word List と学習英和辞典 (20) | Main | 限定・単純・徹底反復 ・続 »

限定・単純・徹底反復

今、日経夕刊に小学校校長から立命館大学教授に転進した陰山英男さんの「どの子も伸びる教育法」という記事が連載されています。

百マス計算による徹底反復学習で大成功を収めた陰山さんは、そのやりかたを他の教科でも試してみた。

最大の課題が国語であったという。

児童の苦手だったのが漢字の書き取り。

陰山先生たちは、国語の授業の最初の2~3ヶ月をもっぱら漢字の書き取りに充てて1年間の新出漢字をまとめて覚えさせたそうだ。

効果はてきめんでみなが国語好きになり、学習意欲が目だって高まった。

原理は「限定・単純・徹底反復」

反復授業はゲームである。競争しながらやり遂げて、自己との戦いに勝って、自信がつく。教科書を使う通常の授業ではありえない成果があがった。

+「早寝・早起き・(パンではなく)朝ごはん」を、父兄を巻き込んで、励行させた。

かくして、規律ある生活習慣と「限定・単純・徹底反復」でシステムが完成し、過疎地で塾もない子どもたちが元気にそして常に全国でもトップクラスの学力を示すようになった。後に、その約2割が国立大学の医学部や理工学部などに合格したという。

さて、この「限定・単純・徹底反復」の原理は、英語学習の基礎語彙強化にもそのまま生かせそうな気がします。

500語、1000語、2000語、3000語・・・・5000語などに限定して、定義を単純化し・徹底反復させる。そして、競わせる。

その後で、それぞれの到達語彙に見合うSSS多読を指導する。

焦点の定まった学習は集中力を高めやすいし競争は大きな刺激になる。

とにかく、これからは、陰山先生率いる立命館・小中学部の英語授業とその成果に興味しんしんです。

|

« Basic Word List と学習英和辞典 (20) | Main | 限定・単純・徹底反復 ・続 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/10716101

Listed below are links to weblogs that reference 限定・単純・徹底反復:

» 新規事業のコツ 百マス計算の有効性 [失敗しない中小企業の新規事業立ち上げ方法]
新規事業立ち上げに煮詰まり。百マス計算を子供とともにやってみました。驚くべき効果が・・・・・・・・・・・・・・・ [Read More]

Tracked on July 20, 2006 at 12:54 AM

« Basic Word List と学習英和辞典 (20) | Main | 限定・単純・徹底反復 ・続 »