« Basic Word List と学習英和辞典 (23) | Main | 日本語(母語)の語彙と英語の語彙(1) »

そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか(4)

英語のネイティヴ・スピーカーは、私たちが単語集などで覚える英語の語彙を、単語集で覚えることはありません。

なぜか?

ネイティヴ・スピーカーの場合は、小学校就学前に既に1万語前後の受容語彙を習得済みで、その語彙を土台にして、その後も日常生活や教科学習を通じて次々と語彙を増やすことができるからです。

--------------------------------------

前々回に次のように書きました。

(1) 読む本の既知語彙が98%以上でないかぎり、読書で語彙は増えない

(2) 未知語彙は、数回見ただけでは習得するに至らない。十数回遭遇して始めて覚えることができる

-------------------------------------------

ネイティヴ・スピーカーは、(1)でいう98%の条件を小学校入学前にほぼクリアしながら、読書(教科学習も含む)のレヴェルを徐々に上げつつ、語彙を増やし、小学校3~4年生になれば『ハリーポッター』などを楽しみながら読めるようになります。そうした語彙の蓄積は社会人になった後も維持されます。(2)でいう「十数回遭遇すること」という条件も、長い年月を経る中で、自ずと満たされます。

私たちの日本語の語彙に関してもまったく同じことが言えるのですが、英語については(1)や(2)でいう条件はまったく満たされていません。

だから、まず、98%の条件を満たさなければならない。しかも、日本語の語彙を覚える場合のような充分な年月はかけられない。短時間に相当数の語彙を覚えなければ98%には到達しない。

そのためには一気に語彙力をつけるしか他に方法はなくなる。そうしなければ『ハリーポッター』でさえ楽しんで読むことができないし、読書で語彙強化など絵空事になる。

英語のネイティヴ・スピーカーのまともな成人が読むものを楽に読むためには、そしてその後も語彙を増やしていくためには、成人の読み物に使われる語彙の98%を知っていなければならない。

そのためには、できるだけ早く5万語超レヴェルの語彙(「上級学習英英辞典」の語彙)力をつけるしか他に方法はない。

これが、「そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか」という問いに対する答えです。

|

« Basic Word List と学習英和辞典 (23) | Main | 日本語(母語)の語彙と英語の語彙(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/10895861

Listed below are links to weblogs that reference そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか(4) :

« Basic Word List と学習英和辞典 (23) | Main | 日本語(母語)の語彙と英語の語彙(1) »