« そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか(3) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (23) »

「アンチ・バベルの塔」書籍版の書き出し

「アンチ・バベルの塔」が、もし出版されるとすれば、次のように「はじめに」を書きたいと思っています。

幻の本で終わる可能性も大ですが、またいつ完成するのかも不明ですが、とにかく最後まで書くつもりです。

---------------------

はじめに

英語学習のポイントは、次の3つだと思います。

① 構文をマスターすること。簡単にいうと、まず、S(主語)・V(動詞)・O(目的語)・C(補語)・M(修飾語)の区別ができて、最終的には、意識しないでもS・V・O・C・Mにそった理解ができるようになることです。

② 音声(発音・アクセント・リズム・イントネーションなど)をマスターすること。

③ 語彙を強化すること。ただし、① と ② が前提です。構文や音声を無視して語彙のスペリングと意味だけを覚えても、語彙の単純な筆記テストを除いて、なんの役にも立ちません。読めないし、書けないし、しゃべれないし、聴けないからです。

この本の目的は、成人向けに、英語の「究極の語彙強化法」を解説することです。

「究極の語彙強化法」とは、大学受験や資格試験(英検・TOEIC・TOEFLなど)に必要な語彙だけではなく、英語のネイティヴ・スピーカー並みの語彙まで覚える語彙強化法のことです。

なお、この本でいう「語彙」とは、英語の vocabulary のことで、「単語と連語(成句・熟語など)」を意味します。

したがって、英語の語彙強化とは、単に「英単語」を覚えることではなく、「英語の単語と連語(成句・熟語など)」を覚えることです。語彙強化というと、単語の暗記だけが強調されて連語はとかく軽視される傾向がありますが、連語も同じように重要です。

語彙不足を痛感する英語学習者は少なくありません。熱心な学習者ほど語彙不足に悩みがちです。

しかし、今までは、語彙不足を解消する方法は皆無でした。

単語集はたくさんありますが、どれを覚えても、せいぜい1万数千語にしかなりません。しかも、単語集の単語の意味や用法の説明はあまりに簡略化されていて、特に基本語や多義語の場合は、充分な説明を得ることはできません。また、連語集は単語集ほども充実していません。

さらに、どの単語集や連語集を購入しても、当然のことですが、カスタムメイドではなく、学習者一人ひとりの現況に合わせた語彙集ではありません。

私は、そんな市販の語彙集に飽き足らず、長年にわたって究極の語彙強化法を模索してきました。そして、最後に行き着いたのが、「アンチ・バベルの塔」でした。学習辞書で未知語彙を選択しカードに転写して覚えていく方法です。たいへん手間はかかりますが、他の方法に比べれば、非常に効率も高くむだな語彙を覚えたりする危険のまったくない方法です。

ぜひ、自分独自の「アンチ・バベルの塔」を建設しながら、究極の語彙強化を実践してください。真に豊かな語彙はあなたの英語学習に至上の悦びをもたらします。

---------------------------------


|

« そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか(3) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (23) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/10865036

Listed below are links to weblogs that reference 「アンチ・バベルの塔」書籍版の書き出し:

« そもそも、なぜ、単語集さらには辞書の暗記が必要なのか(3) | Main | Basic Word List と学習英和辞典 (23) »